この記事をシェアする

サカエチカリニューアル工事 「クリスタル広場」噴水オブジェがついに解体! 2018.1.20

この記事をシェアする

サカエチカの大規模リニューアル計画に伴い、2016年10月にクリスタルオブジェが撤去された後も、噴水と展示スペースが残されていた「クリスタル広場」の噴水がついに解体されることとなりました。跡地はレストスペースとなり、憩いの広場としての機能は引き続き維持されることになります。クリスタルオブジェ撤去前の様子はこちら。リニューアル後のクリスタル広場を含め、サカエチカ全体のリニューアル計画についてはこちらもご覧ください。

 まずは暫定改装?

サカエチカの工事はクリスタルオブジェの撤去も含めると、約3年にわたる長期工事です。当初の発表では、暫定的に噴水跡に展示スペースを設置し、2018年春より企業の広報活動拠点やミニコンサートなどに活用される予定となっています。その後本格的に工事を行い、これまで不足していた腰掛けなどの休憩スペースを整備すると思われます。

既報の情報では、2018年3月までに噴水も完全撤去とされていましたが、現地の掲示にも、「噴水解体改修工事」と書いてありますのでこれで本当にお別れです。

広場の大部分が規制されており、一瞬戸惑う人もみられますが引き続き東西の通り抜けは可能です。

 テナントにも徐々に動き

旧日産ギャラリー跡地に2013年9月にオープンした「ドコモスマートフォンラウンジ」は、改装工事のため一時閉店していました。詳細はSNSにて順次発表されるとのことです。

隣接していた「ドコモショップ 栄クリスタル広場店」は完全閉店。跡地には、2018年2月22日に「iphone/ipadリペアコーナー」がオープン予定。

改装のため一時閉店している店舗がちらほらと見られます。ユニモールのように、ゾーンごとに分けて一気に閉鎖するのではなく、テナントの契約が切れた店舗から個別に改装するんでしょうか。

フロアマップも一新され、テナントの業種やサカエチカとそれ以外の部分の色分けも明確で、今まで見たサカエチカの案内図の中で最も見やすいと思います。

外部リンク サカエチカ大規模リニューアルに向けてクリスタル広場にて起工式を実施(2017年6月2日 サカエチカマチ ニュース&トピックス)

外部リンク 栄地下センター株式会社は、会社設立50周年を迎え、『サカエチカマチ株式会社』に社名を変更しました。(2017年5月29日 サカエチカマチ ニュース&トピックス)

参考 生まれかわる「サカエチカ」開業50周年に向けて”大規模リニューアル”(2017年6月 サカエチカマチ ニュース&トピックス)

※すべて2018年1月20日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)

トップへ戻る