• みなとアクルス
    「ららぽーと名古屋みなとアクルス」2018年9月28日(金)グランドオープン!見どころを総まとめ!&最新の建設状況を見てきました&かつては日本初の国際博覧会会場だった?
    2018年7月10日
  • 栄界隈
    【リニューアルの全容】全く新しい地下街に生まれ変わる「サカエチカ」のリニューアル工事がいよいよスタート! 2017.6.11
    2017年6月14日
  • 東京駅八重洲口
    八重洲口の一等地で20棟をまとめて再開発!三井不動産のビッグプロジェクト「八重洲二丁目北地区市街地再開発事業」の様子&ブルガリ ホテルズ & リゾーツが日本初進出 !
    2018年5月8日
  • 名駅界隈
    名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10
    2018年3月17日
  • 品川駅北地区
    山手線に半世紀ぶりの新駅誕生!路線のルートも変わる品川駅北側&現地で見た巨大橋上駅舎 田町ー品川間新駅&京浜東北線(南行き)線路切り替え前の様子 2018.5.5
    2018年5月26日
  • 岐阜県
    柳ケ瀬”再始動”の兆し─商店街の今&センサ跡地はこんなに広かったのか…解体工事の様子&岐阜駅東地区デッキ延伸工事 2018.3.17~5.13
    2018年5月16日
  • セントレア・知多半島
    【中部空港島】愛知県国際展示場の建設始まる!フォーポイント バイシェラトン他 FRIGHT OF DREAMSも完成間近!新ターミナルビルも着工 2018.5.20
    2018年5月23日
  • 渋谷界隈
    100年に一度の大改造!銀座線渋谷駅移設工事の概要─再開発で銀座線はこう変わる!
    2016年11月23日
  • 名駅界隈
    わずか9年で解体!?リニア名古屋駅予定地内の河合塾名古屋校に再び移転計画浮上&リニア関連工事で使用停止となったJR名古屋駅2番線
    2018年6月7日

dsc_7520

栄の待ち合わせスポットとして長年親しまれてきた、サカエチカ「クリスタル広場」中央のクリスタルオブジェが、サカエチカ開業50周年の大規模リニューアル工事(2019年オープン予定)に伴い撤去されることとなりました。現地に掲示されたクリスタルオブジェ撤去の案内には、長年待ち合わせスポットとして親しまれてきた証が示されています。

 

サカエチカのリニューアルって?
こちらをご覧ください!
栄地下街リニューアル【リニューアルの全容】全く新しい地下街に生まれ変わる「サカエチカ」のリニューアル工事がいよいよスタート! 2017.6.11
2018.7.4
栄地区の中心的な地下街として長年親しまれてきた「サカエチカ」のリニューアル工事が始まりました。同地下街を管理する「栄地下センター」は、会社設立50周年と2019年のサカエチカ開業50周年を機に社名を「サカエチカマチ」に変更し、“サカエチカの運営を通じて、栄地区の活性化に貢献していく”と思いを新たにし...

 

サカエチカって道路なの??

dsc_6370_shiftn

 クリスタルオブジェ撤去前の様子(2016年10月23日)

名古屋のど真ん中、「栄」交差点の真下にある約1,300平方メートルの広場。一般に、道路下に形成された地下街の通路部分は、道路法(1952年制定)に基づく「道路」として扱われてきました。このクリスタル広場も、同様に道路の一部として管理されておりイベントの実施やオープンカフェの設置、あるいは地下街本体に支障を来さない軽微な店舗改修にも、道路管理者である名古屋市への許可(いわゆる道路占用許可)申請と、道路占用料が必要でした。

 

道路法…(道路の占用の許可) (昭和27年6月10日法律 第180号)
第32条 道路に次の各号のいずれかに掲げる工作物、物件又は施設を設け、継続して道路を使用しようとする場合においては、道路管理者の許可を受けなければならない。

①電柱、電線、変圧塔、郵便差出箱、公衆電話所、広告塔その他これらに類する工作物
②水管、下水道菅、ガス管その他これらに類する物件
③鉄道、軌道その他これらに類する施設
④歩廊、雪よけその他これらに類する施設
⑤地下街、地下室、通路、浄化槽その他これらに類する施設
露店、商品置場その他これらに類する施設
⑦前各号に掲げるものを除く外、道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある工作物、物件又は施設で政令で定めるもの

 

そこで2016年8月に名古屋市の道路占用許可基準が緩和され”道路”である「サカエチカ」の施工管理権が市からサカエチカマチ(株)へ移管されたことで、軽微な店舗改修や装飾物の寸法・規模・掲載期間などに対して同社が独自にルールを設け、管理ができるようになりました。さらに広場でのオープンカフェの設置や、イベントの実施などが、より柔軟に実施できるようになる見通しです。広場に新しく整備されるイベントスペースの利用規定などは、2018年5月3日現在”準備中”となっており、また別の記事でご紹介できるタイミングがあれば、させていただきたいと思います。

 

MEMO

 サカエチカ初の社会実験『CHIKA FES 2016』開催!!"(旧栄地下センター(株)プレスリリース)

栄界隈2016.10.2 サカエチカ・クリスタル広場で初のオープンカフェ社会実験実施!
2016.10.2
栄の中心部に広がる「サカエチカ」のクリスタル広場にて、地下街開業以来初となるオープンカフェの社会実験が実施されました。10/2(日)の1日限りの実施で、事前告知は9/30付けの中日新聞しか確認できていません。おそらく、実験という位置付けからあえて大々的な告知はしなかったのかもしれません。「サカエチカ...

↑2016年10月に行われた社会実験では、1日限りで試験的にクリスタル広場にオープンカフェが設置され、イベントも行われました。その時の様子を少しだけ紹介しています。

 

 サカエチカマチ(株)公式サイト イベントスペース

↑利用規定が近々公開されると思います。(2018年5月3日時点では準備中)

 

dsc_7514_shiftn

クリスタルオブジェは、内部に水が張られた御影石の、土台の中央に設置されていました。従来は土台の周囲全面にチェーンポールが設置されていましたが、通行人が腰掛けられるよう、生け花が飾られていた四隅を除いてポールが撤去されていました。大勢の人が行き交う栄の地下街に少しでも憩いの場を提供できればという、管理会社の配慮によるものだそうです。

 

 

撤去されたクリスタルオブジェの歴史

dsc_7511_shiftn2

 2代目オブジェ「光彩」

「クリスタル広場」の名前の由来となったクリスタルガラスの初代オブジェは、1969(昭和44)年のサカエチカ開業当初より設置され、当時世界一の規模とされていました。今回撤去されたオブジェは、サカエチカが開業30周年を迎えた1999年に設置された2代目オブジェで、直径10~30センチの宙吹きクリスタルガラス450個を高さ2.4メートルまで積み上げて造られた「中央オブジェ」と、それを包み込むように絶妙なバランスで重ねられた厚板高透過ガラス、さらに台座に敷き詰められた2万個もの小さなガラス玉と、配管から発生するバブルが一体となり、まるで泉からじわじわと湧き出てくるような凝った演出がなされていました。撮影時はバブル発生装置は停止しており、通常時より水嵩が低くなっていました。

 クリスタル広場 History" (サカエチカマチ(株)公式サイト)

初代オブジェ「シャトークリスタル」の写真も掲載

 

 

そして撤去へ…(2016年10月30日)

dsc_7800
dsc_7799

撤去の発表からわずか1週間ほどで仮囲いが設置されました。クリスタル広場はワイドショーのインタビュースポットとしても広く活用されてきただけにもう少し猶予があるかと思いましたが、発表から撤去までがあまりに早すぎる…。

 

オブジェ撤去後(2016年11月3日)

dsc_8450_shiftn

あっけなく撤去が完了。次の工事着手までに時間があるのか、再び広場が解放されました。

 

 

オブジェのバブル演出はまだ健在!

dsc_8468_shiftn1

台座のガラス玉はそのままに、再び噴水が復活していました。土台の四隅に設置されていた生け花は、入れ替えのため一時的に撤去されています。じっくり見ていると、海の浜辺みたいにも見えて落ち着きます。

 

 

ひそかに進むバリアフリー化(以下2016年10月23日撮影)

 クリスタル広場前トイレ改修工事

dsc_7523_shiftn
dsc_7526_shiftn

クリスタル広場北側(栄交差点北東角付近の地下)にあったトイレが閉鎖されていました。これまでなかった「授乳室」や「キッズ向けトイレ」を設置するほか、公衆電話の設置スペース跡を新たに待合スペースとしてリニューアルします。家族連れでの買い物の多い栄地区の需要に対応した設備に一新しそうです。

 

 

 地下鉄東山線連絡階段 斜行エレベーター設置計画

dsc_7809
dsc_7807

バリアフリー化対策の一環として、サカエチカ北通路と地下鉄東山線コンコースとの連絡階段に、エレベーターを設置します。1日約2万6000人もの通行量がありながら、階段は傾斜が急であり、バリアフリー化を求める声が多くありました。エスカレーターや通常のエレベーターでは設置スペースが足りないため、かごが階段に沿って斜めに移動する「斜行式エレベーター」を設置する計画となっています。

 

コメントを残す

関連キーワード
  • 「ららぽーと名古屋みなとアクルス」2018年9月28日(金)グランドオープン!見どころを総まとめ!&最新の建設状況を見てきました&かつては日本初の国際博覧会会場だった?
  • 【特集】「丸栄本館」が75年の歴史に幕  村野藤吾が手掛けた意匠はこんなに奥深かった…&かつての屋上遊園地とモノレールの姿が明らかに!
  • わずか9年で解体!?リニア名古屋駅予定地内の河合塾名古屋校に再び移転計画浮上&リニア関連工事で使用停止となったJR名古屋駅2番線
  • 【名古屋市交通局】地下鉄栄駅の新案内サインをコンプリートした(多分)
  • 噴水時代から大きく変わったクリスタル広場!「サカエチカ」リニューアル工事 2019年グランドオープン目指して工事が本格化! 2018.4.14
  • 名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10