地下鉄東山線 高畑駅の可動ホーム柵が使用開始!

IMG_7527

名古屋市営地下鉄東山線の全22駅を対象に整備が進められている、可動式ホーム柵の運用が起点の高畑駅にていよいよ始まりました。

IMG_7565

IMG_7575

設置されたホーム柵は桜通線のものと異なり、扉がシースルーになっており圧迫感が軽減されています。また女性専用車両の乗車口(3箇所)は、誤乗防止のため扉が黄色に着色されています。

IMG_7511

開閉チャイムは桜通線と同じでした。

IMG_7532

ホーム柵の導入に伴い、高畑⇔藤が丘間の所要時間が38分から40分に2分延長しています。

IMG_7529

各駅の稼働日も掲示されています。

IMG_7572

天井板は所々歯抜けになったままですが、配線をいじくっているのでしょうか?

IMG_7573[1]

車両のドアと連動。

IMG_7577

東山線では、ホーム柵の導入にともない、自動列車運転装置(ATO)によるワンマン運転を、桜通線に続いて導入する予定です。そのため、ホーム上には運転士のための後方確認用モニターが設置されました。

IMG_7589

IMG_7580

こちらは岩塚駅の可動式ホーム柵ですが、なぜか色が白ではなくベージュで統一されています。

※すべて2015年9月13日撮影。