• 栄界隈
    サカエチカは”道路”と同じ??&栄の待ち合わせスポット「クリスタル広場」のクリスタルオブジェ撤去前~撤去後・東山線連絡階段バリアフリー化着工前の様子 2016.10.23~11.3
    2016年10月30日
  • 栄界隈
    【リニューアルの全容】全く新しい地下街に生まれ変わる「サカエチカ」のリニューアル工事がいよいよスタート! 2017.6.11
    2017年6月14日
  • 東京駅八重洲口
    八重洲口の一等地で20棟をまとめて再開発!三井不動産のビッグプロジェクト「八重洲二丁目北地区市街地再開発事業」の様子&ブルガリ ホテルズ & リゾーツが日本初進出 !
    2018年5月8日
  • 渋谷界隈
    100年に一度の大改造!銀座線渋谷駅移設工事の概要─再開発で銀座線はこう変わる!
    2016年11月23日
  • 名駅界隈
    名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10
    2018年3月17日
  • 中部空港(セントレア)・知多半島
    【中部空港島】愛知県国際展示場の建設始まる!フォーポイント バイシェラトン他 FRIGHT OF DREAMSも完成間近!新ターミナルビルも着工 2018.5.20
    2018年5月23日
  • 岐阜県
    柳ケ瀬”再始動”の兆し─商店街の今&センサ跡地はこんなに広かったのか…解体工事の様子&岐阜駅東地区デッキ延伸工事 2018.3.17~5.13
    2018年5月16日

名古屋市交通局は、2017年度より地下鉄栄駅・東山線ホーム外壁の改修工事を進めてきました。ホーム外壁のタイルをすべて撤去し、焼付塗装鋼板への取り替えが行われたほか、広告枠の交換・増設も実施されました。また、今回のリニューアル工事は平成28年度に改訂したサインマニュアルに基づいて実施され、駅名標や路線図などの案内サインのデザインも大きく変更されました。

 

MEMO

これまでのリニューアルの経過をまとめました。(上から日付の新しい順)
名古屋市営地下鉄【名古屋市交通局】29年ぶりに新案内サインマニュアル導入!「栄町」駅時代の旧駅名標が姿を現す!新デザインが導入された栄駅の様子 
2018.2.5
名古屋市営地下鉄の各駅に導入されている案内サインは、世界デザイン博開催前の1988(昭和63)年に制定されたマニュアルを基に導入が進められたもので、その後も少しずつ改訂を経ながら今日まで使用され続けてきました。しかし、昨今の訪日観光客の大幅な増加や、東京五輪の開催、リニア中央新幹線の開業等を控え、海...
名古屋市営地下鉄地下鉄栄駅 東山線ホームのリニューアル工事 新しい外壁の設置が進む 2017.9.9
2017.9.10
名古屋市交通局は、地下鉄栄駅・東山線ホーム外壁の改修工事を進めています。既設の広告枠全34箇所を撤去し、設置位置をやや上部にずらした上で、新たな広告枠を計39箇所設置します。また、外壁に用いられているタイルをすべて撤去し、焼付塗装鋼板に取り替えます。先に2番ホーム(名古屋方面)の改修を進めており、2...
名古屋市営地下鉄地下鉄栄駅 東山線ホームの軌道壁面を初の本格リニューアルへ!2017年度中の完成目指す!―名古屋市交通局 2017.4.2
2017.4.8
名古屋市交通局は、地下鉄栄駅(東山線)ホームの壁面改修工事を計画しています。同ホームでは、2015年度に安全対策として可動式ホーム柵が設置されましたが、ホーム壁面に設置されている広告枠がホーム柵に隠れ見えにくくなっていることから、既設の広告枠全34箇所を撤去し、設置位置をやや上部にずらした上で、新た...

 

 

 2018年2月をもって工事完了

 1番ホーム(藤が丘方面)

2番ホーム(高畑方面)より後に着工したこちらのホームも、工事が完了しました。あとは広告枠に広告を入れるだけとなっています。

 

 

 

 幅広タイプの広告枠(2番ホーム)

両ホームの外壁には、新しい内照式の広告枠が設置されましたが、1番ホーム、2番ホーム共に、一部でこのような幅広タイプの広告枠が新設されました。

 

 

 

幅広型は内照式でない代わりに、ホーム上部に設置されたLEDライトで照射する形式のようです。(車体上部に反射している光がLEDライト)

 

 

 ホーム柵の乗車番号表示(左:旧タイプ・右:新タイプ)

フォントや図柄が変更されたほか、「優先席」表記に英語が追加され、さらに「かけこみ禁止」「線路内立入厳禁」の案内が追加されました。

 

 

 ホーム柵の路線図(左:旧タイプ・右:新タイプ)

旧タイプはナンバリングがあまり目立たず、駅名フォントも細字でした。フォントの変更で駅名やナンバリングがより目立つようになりました。

 

 

 

 新マニュアル対応の駅名標

今後名古屋市営地下鉄内で普及していく、新タイプの駅名標です。

 

 

 

 新マニュアル対応の路線図(ホーム外壁バージョン)

先ほどのホーム柵の新タイプと、デザインは同じです。

 

 

 

一つ残念なのは、ホーム外壁の駅名標や路線図が、新タイプも内照式でない点です。広告枠の発光に負けており、認識性は今一つです。駅本来の案内サインより広告の方が目立っている稀有な例ですが、こういうところこそ、外部団体から指摘が入らないものでしょうか。交通局としては、コスト削減のために今後も駅名標は発光させないという方針を固めているようです。

 

 

 

他にも新マニュアルに対応した案内サインが増えていました。

 

※すべて2018年3月3日撮影。
コメント一覧
  1. ニクパン より:

    こないだ栄駅を利用することになったのでリニューアル後のホーム見ようと楽しみにしてたのに両面に電車止まってて見れませんでした(/ _ ; )
    なかなかカッコいいじゃないですか!
    外壁が新しい分柱の古さが目立つなぁ。
    どうせなら柱までやってほしかったな。

  2. k-carrot より:

    ニクパンさん

    昼間は列車がひっきりなしに発着するのと、人が多くてなかなかじっくり見れないですね。
    中日ビルや大通公園の再開発に合わせて、柱と床も綺麗にしてほしいです。

コメントを残す

関連キーワード
  • 【名古屋市交通局】地下鉄栄駅の新案内サインをコンプリートした(多分)
  • 噴水時代から大きく変わったクリスタル広場!「サカエチカ」リニューアル工事 2019年グランドオープン目指して工事が本格化! 2018.4.14
  • 名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10
  • 地下鉄栄駅 東山線ホームのリニューアルが完了! ホーム可動柵の案内サインも貼り替えられる 2018.3.3
  • 利用者数急増の地下鉄名古屋駅 東山線中改札口付近に新たな広告塔が出現! 2018.3.3
  • 地下鉄千種駅コンコースリニューアル工事 駅長室の移転完了&セブンイレブンオープン&スタバ着工! 2番出口も謎のリニューアルが進行中 2018.3.3(3.6追記)