この記事をシェアする

相次ぐ大学の都心回帰! 名古屋商科大学の高層キャンパス計画

この記事をシェアする

IMG_8370

名古屋市周辺では、大学キャンパスの都心回帰が続いていますが、名古屋商科大学は中区丸の内に新しいキャンパスを建設します。

201306302232364f7

【名古屋商科大学 丸の内キャンパス 概要】
階数 地下1階・地上15階
高さ 85.246m(最高部90m?)
延床面積 17,804.37㎡
敷地面積 2,490.67㎡
建築面積 1,239.35㎡
竣工予定 2014年
建設地 名古屋市中村区錦1丁目301番他
建築主 学校法人 栗本学園
設計 竹中工務店
用途 教室・ゼミ室・研究室・図書館・食堂・スポーツジム・学生ラウンジ

【参考】「都市型高層キャンパス」計画、始動!(名古屋商科大学ホームページ)

ちなみに公式サイトのイメージパースと比べると、デザインに若干の変更がありました。現在のパースは北側壁面のガラス部分の面積が若干減らされ、当初に比べてより重層で締まった雰囲気となっています。
名古屋市の場合、高さの表記が非常に曖昧なのが厄介ですが、公式サイトでは90mとなっているので最高部が90mと予想しています。
低層部もずいぶん凝った造りになるようで、最近の新築ビルではなかなか見られないデザインで、個人的には完成がかなり楽しみです。

IMG_8346

さて、現場のほうは地下鉄鶴舞線・桜通線「丸の内」駅に程近いオフィス街の中にあり、住所が「錦」でもかなり静かな場所です。
桜通りに面しており、銀杏並木が非常に美しいところです。
敷地の目の前に歩道橋もあるので、交通量の多い桜通りも安全に横断できます。

20130630202013d4c

しかし、当然ながら周囲に学生向けのお店がほとんど無く、そのあたりは今後の課題といったところでしょうか。

IMG_8362

土曜日も工事は行われていました。

IMG_8365

ここの土地はかなりいびつな形になっています。

201306302021579bc

立ち上がりまでにはまだ時間がかかりそうですね。

※写真はすべて2013年6月29日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)