この記事をシェアする

「名古屋三交ビル」解体準備工事始まる 新ビルはビジネスホテルに主軸・三交グループのオフィス集約化へ 商業テナントも誘致!

この記事をシェアする

三重交通グループは、かねて名古屋駅前(地下鉄「国際センター」駅前)で計画していた「名古屋三交ビル」の建替えに伴う解体準備工事に2017年7月より着手しました。東京五輪やリニア開業によるビジネス・観光需要に対応するため、最新鋭の設備を備えたオフィスフロアにグループ会社の機能を集約するほか、主力の1つである「三交イン」の最上級ブランドを導入し、地域No.1のビジネスホテルを展開するとしています。

地上16階建て 2018年7月新築着工

出典 「名古屋三交ビル建替え計画」のお知らせ(三重交通グループニュースより)

新ビルは地上16階建てで、1階には商業テナントを誘致し、桜通りの街並みに彩を添えた景観を形成します。2~7階にはオフィスフロアを設け、一部が賃貸向けとなるほか、三重交通グループ各社のオフィス機能を集約します。8~16階には同グル―プが展開するビジネスホテル「三交イン」のワンランク上のブランド、「三交インGrande」を導入します。全室バス・トイレセパレート式で、人工温泉質の大浴場を導入するほか、地下鉄桜通線「国際センター」駅からエレベーターで直結させる予定です。空間をゆったり確保した低層部に、スリムな高層部が乗っかるスタイルで、意匠全体にスッキリとした印象を与えています。新ビルは2018年7月に着工し、2020年6月に開業予定となります。

 建替え工事が始まった「名古屋三交ビル」

現在の名古屋三交ビルは、1974年竣工・地上12階建て(延べ1万0397㎡)のオフィスビルで、上層階には三重交通のグループ企業が入居しています。低層階には一部商業テナントが入居しています。名古屋で東急ハンズ2店舗を運営する「(株)三交クリエイティブ・ライフ」は錦中央ビル内にあり、このビルには入居していません。

広告塔は「三交不動産」になっています。三交不動産の本社は三重県津市にありますが、戸建てやマンションの事業本部はこのビルが主体となっています。1階の「名駅営業所」にて仲介事業を行っており、地下には(株)三交ホームのショールームがあります。

このビルは2階がテラス状になっており、新ビルの意匠にもその特徴が受け継がれています。

1階にあったテナントも、三交不動産の名駅営業所などを除いて、既に近隣のビルに移転しています。

地下1階~2階をつなぐ、らせん状の外階段。

普段あまり見かけないらせん階段ですが、近隣では「クロスコートタワー」の1-2階フロアに採用されています。(内階段)

裏口にあった解体準備工事を知らせる張り紙。

ビル裏側の避難バルコニー。

まだ入居している企業がちらほら。

しかし、西側壁面から早くも解体用パネルが設置されています。

すぐ隣にある「名古屋銀行名古屋駅前支店」と街区を共にしていますが、一体開発とはならず…残念。

 名古屋三交ビル裏から名古屋駅方面

名古屋駅まで地下鉄1駅分ですが、徒歩5分くらいの距離で名古屋駅からは地下街も伸びているので、比較的アクセスしやすい立地です。

名駅地区では、南北軸の高層ビル群形成に対して、東西軸の開発がかなり遅れています。桜通り沿線では、建替え時期を迎えた大型ビルがまだまだ沢山ありますが、そんな中でも通りに面した1階部分へのカフェやコンビニ、薬局といった商業テナントの出店がかなり増えてきました。これは大名古屋ビル・JPタワー・JRゲートタワーなどの大型オフィスビルが相次いで完成し、名駅地区全体の就業人口が増加したことによる波及効果だと思います。国際センター駅周辺でも、名古屋三交ビルの再開発が追い風となり、周辺の老朽化したオフィスビルの建替えが進むことを期待しています。

参考 「名古屋三交ビル建替え計画」のお知らせ(2017年5月30日 三重交通グループニュース)

※2017年7月17日、7月23日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)