この記事をシェアする

豊橋の栄枯盛衰を刻む 「名豊ビル」 撮り納め 2024年、かつての賑わい拠点を再び当地へ 「豊橋駅前大通2丁目再開発」着工前特集(4)

この記事をシェアする

 狭間児童広場およびその周辺

閉館後、手を加えられる前にどうしてもここだけは訪れたかった。名豊ビル開業と同時に誕生したとすれば、50歳近い動物たち。

前回同様、やっぱり子どものはしゃぐ声は無かった。

平成2年寄贈の街灯。

たくましい生命力。ぜひ次世代の施設内でも、我々にエネルギーを分け与えてほしい。

夕方に見るとちょっと怖い、魚の顔だけの車止め。なんと矢田川にも全く同じものがあるそうです。

かつての豊橋バスターミナルへの入口の1つ。浸食する草が、閉鎖後の年月の経過を示している。

放置自転車ではなく、正式な駐輪場。おびただしい数の自転車から、それだけまだ沢山の人が周りに住んでいるということだろう。

もう1つのバスターミナル入口。固く閉ざされた鉄柵が再び開くことはなかった。

着工が近いことを知らせる看板も。

地下バスターミナルの明かり取り。モザイクタイルで装飾されています。

 再開発対象となっている3ビルと狭間児童広場

左から、「開発ビル」「名豊ビル本館」「名豊ビル新館」。1968年に豊橋グランドホテル、ハイショップ名豊、豊橋中日文化センターの入る「本館」が先行開業。69年に地下バスターミナル、74年にはホテルの結婚式場や客室を拡張した「新館」が続けて開業。「開発ビル」は当初「サンマートビル」として72年に開業し、長崎屋が出店。わずか6年で撤退後、81年から「開発ビル」の名称が使用されているようです。70年代前半のピーク時には、西武、豊橋丸栄、長崎屋に加え、広小路通りのアピタ(69~97年)、ダイエー(72~98年)、ときわ通りのジャスコ(68~79年)と大型商業施設がひしめき、全国有数の商業激戦区だったようです。今やそのすべてが無くなっています。時代の流れとは恐ろしい…。

なんでもこの児童広場には大昔小学校の校庭があったそう。二宮金次郎の像があるのはそのためか。しかし広場に全く人がいないわけではないが、児童と呼べる年齢の子どもは全く見かけなかった。

バスターミナルの排気塔。

立体駐車場・店内入口跡

入口を入って左手前にエレベータ式駐車場、正面奥に店内入口がありました。自走式でない、駐車場の手狭さが衰退に繋がった気もしないでもない。

2014年が最後の点検日。

正面玄関にまわってみる。

静まり返った駅前大通り。

末期には100均がテナントとして入っていた。

なぜか少しだけ開いたままのシャッター。ひょっとしたらまた開けてくれるのでは?と期待を籠めるも、中から白いパネルでガード済み。

アーケードは解体確定として、地下道はそのまま残るのかな?

 名豊ビル地下店内入口跡(駅前大通り側)

 名豊ビル本館と開発ビル(右)

開発ビルは解体までまだ時間があるので、改めてじっくり訪れたいと思います。

参考 豊橋西武の歴史 10(2013年2月20日 名古屋⇔豊橋)

参考 「長崎屋」豊橋店(2013年2月28日 名古屋⇔豊橋)

外部リンク 豊橋市バスターミナル 廃止(2006年9月2日 RYOZ Room)…現役当時のバスターミナルおよびその周辺が記録された、廃止直前の大変貴重な写真が掲載されています。

参考  豊橋駅前の「新陳代謝」活発化(2017年4月19日 東日新聞)

参考  豊橋・再開発ビルの立体模型やイメージ図公開(2017年5月7日 東愛知新聞)

外部リンク 2017年4月30日 名豊ビル閉館。半世紀の歴史に幕を下ろしました。(2017年5月1日 豊橋駅前大通地区まちなみデザイン会議)

外部リンク さようなら名豊ビル完全閉館に住民ら別れ 盛大なセレモニー豊響演奏でフィナーレ(2017年5月1日 東日新聞)

※2017年7月8日(一部は2013年9月14日)撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)