東山線に可動式ホーム柵設置 準備工事始まる

IMG_4587

名古屋市営地下鉄では、2015年度に東山線の全駅で可動式ホーム柵の設置が予定されています。一日約123万人(2013年度)が利用する市営地下鉄でも断トツで利用客の多い東山線は、平日・休日問わず混雑率が高く、国の方針もありホームの転落防止対策が急務となっていました。名古屋の地下鉄では、上飯田線と桜通線には既に設置されていますが、名城・名港線は2016~2021年の設置予定、鶴舞線は名鉄犬山線・豊田線と相互直通運転を行っているため設置のメドは立っていません。

IMG_4569

東山線名古屋駅、栄方面の1番ホーム。

IMG_4566

ホームのリニューアル時に設置された壁の白い化粧版が一部取り外され、開業当時の壁タイルが出現しています。しかし、名古屋の地下鉄では開業以降ホームの大規模なリニューアルが行われた駅は少なく、栄駅も含め、未だほとんどの駅が開業時のままのスタイルとなっています。

無題

ホーム可動柵設置後のイメージ図(第9回名古屋市交通事業経営健全化委員会 「経営健全化計画に対する平成26年度の取り組み」の資料2より)。ホーム柵の設置により、ホームの壁に設置されている広告が隠れて見えなくなってしまうため、現在の高さより60cm程度上部に移設し、広告枠も現在の10枠から14枠に増やすことになっています。

IMG_4576[1]

場所によっては、そのまま上部に移設しようとすると壁の排気口に干渉してしまうため、左右にも位置調整が必要になります。また、ホームの乗車位置を示す点字ブロックも、新しいものが既に設置されていました。これは名古屋駅だけでなく、東山線内の他の駅でも見かけました。一時的なものなのかはわかりませんが、可動柵の設置に伴い、全駅で乗車位置の変更が必要になるのかもしれません。

IMG_4583

整列乗車を喚起する表示板。今は2列が一般的ですが、昔は3列が主流だったのでしょうか。今は亡き「丸善ビル」のテナント広告もそのまま残されています。

※写真はすべて2014年11月22日撮影。

コメント

  1. パン屋エピシェールの匂いが充満の名古屋駅ホーム より:

    なかなか難しいですね
    東山線は2分間隔の朝や3分間隔の夕方より
    大学生が大挙通学する10時台(5分間隔)の混雑解消が求められます

  2. k-carrot より:

    パン屋エピシェールの匂いが充満の名古屋駅ホームさん

    私も学生時代は東山線の名古屋駅から通っていましたが、8時台は改札から人でギッシリなのでコンコースやホームの拡張が出来ればベストなのですが、なかなか難しいですね。。。

  3. アッシュ より:

    名古屋駅ならまだ縦に長いからいいですけど
    栄が凄く狭くなりそうですね。

    今は移動の際は黄色い線の外側歩いて何とか移動できるって感じですけど
    それができなくなるので

  4. k-carrot より:

    アッシュさん

    確かに、混雑が悪化しそうな駅がいくつかありますね。

    名城線だと、本山も完全に設計ミスですね。