この記事をシェアする

名古屋駅桜通口を大規模改造!“ターミナルスクエア”の建設予定地が徐々に見えてきた! Part.2

この記事をシェアする

IMG_2546[1]

Part.1の続きですが、ゲートタワー南東角・桜通口玄関正面に加え、3箇所目の「ターミナルスクエア」整備予定地はこちら。名鉄北改札口や「タワーズテラス」のある場所が候補地となっています。前回の記事はこちらをご覧ください。

複雑な地形

IMG_2612

上へ上がれば

IMG_2594

「タワーズガーデン」(中二階)

IMG_2631

下へ下がれば

IMG_2650

「名鉄北改札口」(中地下階)

IMG_2665

さらに「名鉄北改札口」から伸びるゲートウォーク。

IMG_2677

ゲートウォーク(中地下階フロア)

リニューアルにより全区画OPAQUEで統一された同フロアは、タカシマヤとしての1フロアも兼ねています。

IMG_2671

名鉄北改札口(中地下階)~ゲートウォーク(地下1階)・地下鉄東山線改札口(地下1階)へ下りる階段。地上へ上がると名駅通り。

IMG_2680

ゲートウォーク(中地下階)~ゲートウォーク(地下1階)・名鉄中央改札口(地下1階)へ下りる階段。

IMG_2708

ゲートウォーク(中地下階)~近鉄地下改札口(地下1階)へ下りる階段。地上へ上がると名鉄百貨店本館・JR広小路口。

IMG_2720

もう何がなんだかワケワカメですが、地上から上へ下へ、極めて浅い部分に何層ものフロアが重なっています。

計画では、これらの上下運動を解消するため、地上1階レベルで統一したフラットな空間に乗り換え拠点としての広場(ターミナルスクエア)を整備する予定です。

IMG_2727

JR⇔名鉄の最短ルート(現状)

JRとしては名鉄改札口に最も近い「広小路口」。近鉄のホーム・地下改札口はちょうどこの地下あたりにあります。このように各社バラバラに配置されたのりばと、分断された歩行者動線をすべてリセットし、一から再配置するのが今回の「ターミナルスクエア」プロジェクトになります。

※すべて2015年12月20日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)