金山地区の開発検討調査が進行中!市は市民会館の移築を検討へ。

IMG_7607

今月15日の中日新聞(夕刊1面)が報じたところによると、名古屋市は日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)の移転・新築を検討していることがわかりました。

IMG_7612[1]

金山地区といえば、こちらの記事でもご紹介しましたが、名古屋市は今年度より金山総合駅を中心とした約30ヘクタールの開発検討調査に乗り出しており、既に検討調査を都市研究所スペーシアに委託しています。市民会館の老朽化に加え、アスナル金山の定期賃貸借契約が満了となることを見据え、2002年に策定された地区整備計画を見直し、新たに開発計画を策定するという大掛かりなものです。

IMG_7617[1]

現在は、市や有識者、地元住民が中心となり、市民会館周辺も含めた金山駅前一帯のまちづくり構想の協議を続けています。市民会館の稼働率は9割で、2014年度は大、中ホールでそれぞれ300回以上の公演や式典が行われているとのことです。1972年に完成し、オーケストラ演奏に対応した4階建ての「大ホール」は2,291席、演劇などに対応した2階建ての「中ホール」は1,146席、他には20~90人用の会議室3室があります。

IMG_7611[1]

市民会館より市道を挟んだ北側には、「名古屋市音楽プラザ」があります。市民が音楽や舞台芸術の練習の場として活用できるよう、1997年に完成した公共施設です。

IMG_7628

音楽プラザの区画内には、URのアーバンラフレなど複数のビルが入り組んでおり、音楽プラザそのものの経過年数を考えても、現時点ではあまり動きは無さそうです。

IMG_7645

こちらは市民会館の北側(音楽プラザの西側)に立地する「古沢公園」。

IMG_7654

古沢公園の地下には、名古屋市が運営する「古沢公園駐車場」があります。

IMG_7677

入口から入ると、いきなり「いらっしゃいませ!」という威勢の良いオバ〇ン声がスピーカーから聞こえてきて、ビビりました。ちょっと昭和の香りのする駐車場です。

IMG_7670

IMG_7674

なぬ!耐震工事。いざというときの備えでは極めて重要な工事ですが、ここで再開発の可能性を悲観していてはいけません。

IMG_7672

パッと見、言うほど古くない駐車場だなと思いましたが、この誘導灯から醸し出す雰囲気、完成はかなり古そうです。手入れが行き届いているのでしょうね。中には詰所があり、警備員の方がいらっしゃいましたので撮影はここまでです。

IMG_7666

再び地上に出てきました。市民会館(左)と、古沢公園。公園はともかくとして、一日43万人が利用する駅から数百メートル歩いてこの風景、あまりにも寂しすぎると私は思います。

IMG_7659

市民会館を北西側から。右の道を南下すると、すぐに「アスナル金山」に至ります。市民会館は改修工事中です。何をやっているのかは不明。

IMG_7679

南下して振り返ったところ。市民会館裏(南西)側・ダイエー前。やはり金山という街の層の薄さは、この辺りの歩行者動線の悪さ、視覚的なインパクトの無さに起因するのではないでしょうか。市民会館は地下通路で地下鉄金山駅と直結していますが、地上がこのままでは駅構内やアスナルの賑わいがここまで波及することは永遠にないでしょう。(ここまでと言っても、わずかに1ブロック北側なのですが…)

IMG_7693

IMG_7694

さて、そんな市民会館周辺の裏寂しさとは打って変わって、連日大盛況のアスナル金山。アスナルステージでは、定期的に芸能人のイベントやライブなども開催されており、北口のシンボルとしてすっかり定着しています。大物芸能人のイベント時には、デッキが落下するのではと思うほどの人出になります。

IMG_7709

しかし、残念ながらこの光景が見られるのもあと4年ちょっと。金山の交通の利便性を考えても、このライブ会場的な機能・施設配置は是非とも後継施設に生かして欲しいところです。ただのテナントの寄せ集めでは、ここまでの賑わいは絶対に起こせないはずです。

IMG_7683

最後に、市民会館・アスナルと連携した”再開発”を切に願いたい、間に挟まれた「金山総合ビル」をアスナル前より撮影。

IMG_7597

アスナル金山は、現状バスターミナルやタクシープールなどの交通広場も擁しており、再開発時にはこれらの機能も盛り込んだ大きな計画になると思われます。市民会館の現地建替えは、需要に応えられなくなるとして名古屋市が否定しており、別の場所での新築を検討しています。個人的な意見としては、市民会館の解体よりもこのアスナル金山の再開発に先に着手し、市民会館のホール機能とアスナルの小ライブ会場機能を同居させてはどうかと思います。実際アスナルより交通の利便性に富んだ、まとまった敷地が他にあるかと言うと微妙ですからね。

※写真は2015年9月19日撮影。

コメント

  1. まつむし より:

    はじめてコメさせていただきます~。大阪在住ですが、名古屋の街づくりに興味があって、1年くらい前からblogを読ませていただいてます。いつもキレイなお写真と穏やかな語り口で、PCの前でほっこりしております♪
    ちょうどこの週末に、こちらの市民会館フォレストホールに名古屋名物(!)ボイメンさんのライブを観に行っていたので、すっごくタイムリーな記事で嬉しいです。
    市民会館は、ネーミングライツの売却前から某ミュージカル作品が縁でず~っと通っているんですが、音響の良さはともかく、トイレや売店施設なんかをみるとだいぶ傷んでいるのが素人目にもわかりますので・・・。建て替えはいずれ必要になるとは思うんですけど、県の勤労会館の時のように、施設の代替機能を巡って方針が二転三転したあげくにホールそのものが純減してしまった、というような事は絶対に避けて欲しいんですよね~。
    ですから、carrot様の「アスナル再開発・ホール機能代替」というアイデアは大賛成です!市民会館のホール機能と、現アスナルの料飲・商業機能をうまく併存させることができれば、単なる公共のハコモノにとどまらない、相当なポテンシャルを秘めたシアトリカル・エンターテイメントの集客施設になれると思います。
    金山の「駅」の拠点性は揺るぎないところだと思いますけど、名鉄とJRの駅の統合、そしてアスナルが成功しすぎて(!?)しまったゆえに、駅の外に街づくりの波を広げきれなかった感はたしかにありますよね~。古沢公園しかり、大津通の東の熱田区側しかり。
    将来的には、blogでも触れられていた金山総合ビルも包含したうえで、北は市民会館と古沢公園、西北側は現ダイエー(来週には一時閉店してイオンへの衣替えが始まるようですが)、西南側は伏見通の跨線橋をへだてた金山公園までも含んだ、回遊性と利便性をあわせもった街作りができたら面白いな~と思いますね。劇場機能と商業機能、という意味では、福岡のキャナルシティや仙台駅の再開発あたりも大いに参考になりそうです。
    ボイメンさんのイベントで名古屋に来るたびに、名駅前の新名古屋ビルヂングの出来上がり具合をチェックするのが習慣になっていた私。なんだか、知らず知らずのうちにcarrot様とおんなじ事をしていたようです(笑)。すごく勝手なんですけど、とても親しみを感じます。
    これからも、名古屋の愉しい街ネタとキレイなお写真を楽しみにしております。先日のblogではお疲れとのことでしたので、どうかご無理なさらず、ご自分のペースでゆったりと続けていってくださいね。微力ですが、大阪からも応援しておりますよ~。ではでは♪

  2. k-carrot より:

    まつむしさん

    コメントが遅れまして、申し訳ございません。
    はるばる大阪から名古屋へお越しくださって、ありがとうございます。
    実は私もシルバーウィークに大阪へ行ってまいりまして、一部ですがその記事を作成中です。笑

    ただでさえ「文化不毛」と言われる名古屋では、勤労会館などの芸術拠点は是非とも大事にしてもらいたかったですね。池下の厚生年金会館も無くなってしまったので、大ホールを備えた施設というのは市内では少なくなってきています。そういった意味では大須演芸場の復活はうれしかったです。やはりあのエリアは根底に秘めたる情熱というか、街の復活を辿ってきた経緯からして、市内の他のエリアとは何かが違う気がします。

    今後ともよろしくお願いします。