この記事をシェアする

空港島に計画中の「愛知県国際展示場」(6万平方メートル)が着工!2019年秋完成へ 国際見本市・G20の誘致も

この記事をシェアする

出典 愛知県国際展示場 オフィシャルサイト

愛知県が2019年の完成を目指して計画を進める「愛知県国際展示場」が、2017年9月1日に着工しました。2020年の東京五輪までに完成させることで、東京ビックサイトや幕張メッセの代替機能としてもアピールするほか、同じ2019年に初めて日本での開催が決定している「20カ国・地域首脳会議(G20)」の誘致にも名乗りを上げる予定です。展示場のスペックについてはこちらもご覧ください。

全国初の”常設型「保税展示場」”

出典 愛知県国際展示場 オフィシャルサイト

通常、海外からの展示品の持ち込みは、一般に「輸入」とみなされ、関税や消費税が課せられます。東京ビックサイトや幕張メッセは、イベントごとに課税の免除を申請しており、その手続きの煩雑さが課題となっていました。「愛知県国際展示場」では、常に税金が課せられない”常設の「保税展示場」”とすることで、海外からの出展費用が抑えられるほか、料金基準も他の主要展示場の6割程度に抑えることで、主催者の利便性を高め、イベントの誘致を有利に行います。

出典 愛知県国際展示場 オフィシャルサイト

また、展示場の運営には、公的機関が所有する施設の運営権を民間事業者に委ねる「公共施設等運営権(コンセッション)方式」を採用し、民間のノウハウを取り入れた施設運営を目指します。2017年12月に民間事業者が決定される予定です。同方式は、2016年10月に有料道路としては全国で初めて、愛知県道路公社が所有する知多半島道路やセントレアラインなどにも採用されています。

 立体駐車場より南東方向

道路より左側の更地部分が展示場用地。右奥の臨時駐車場は、将来のエプロン拡張予定地(前記事参照)。

タンク手前に広がる敷地には、展示場駐車場(約3,400台・平面)や、多目的利用地(約44,000平方メートル)が整備されます。

展示場用地は約28.7ヘクタール。ナゴヤドーム約6個分が収まる広さ。

建物のモックアップ?にしてはタイミング的に早い気もしますが…

重機がずらりと並ぶ。目と鼻の先に海。

周辺は海釣りスポットにもなっているようです。

 高速船のりば 連絡デッキより

左の展示場用地の角あたりに、正面エントランス・車寄せなどが整備されます。

出典 愛知県国際展示場 オフィシャルサイト

外部リンク 愛知県国際展示場(愛知県公式サイト内)

外部リンク 愛知県、G20誘致へ 19年、空港島の展示場想定(2017年9月14日  中日新聞)

外部リンク 愛知県、MICE誘致強化−国際展示場着工、19年9月開業へ(2017年9月4日 日刊工業新聞)

※すべて2017年9月3日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)

コメント

  1. 国内屈指の国際空港で
    成田や関空と違い国内国際集約されてる

    のに
    意外なほど今までが何もなかったんですね。

    ただこれから人が増えた場合
    アクセス路線としての名鉄の運送能力が低すぎて心配ですね。

    小牧や犬山で大雨降ったら
    空港線もダイヤ乱れちゃうような脆弱さですから。

  2. k-carrot より:

    (ziː)さん

    開港15年経って、ようやく充実し始めたところですね。
    JR武豊線を延伸するか、あおなみ線を延伸するかで考えると、ポートアイランドの方向性次第では後者のほうがまだ可能性ありそうですね。

    それには空港島の一層の機能充実と拠点性の向上が前提になってきますが…。