拠点性・魅力アップでセントレア巻き返しへ! 空港島はこう変わる! 五輪のコミケへの影響は?国際展示場の早期建設は吉?凶?(1)

DSC_0130_ShiftN

中部空港隣接の前島では、近年商業施設の相次ぐ開業で活況に沸いていますが、空港島でも様々な動きが出てきたので、まとめてレポートします。

空港島

空港島 新施設建設予定地 ※県 展示場計画 プレスリリースより

2017~2019年度にかけて空港島に開業予定の各施設の位置関係です。現ターミナルビルより南側のエリア一帯にて、複数の大型施設の建設が計画されています。

中部地方の”航空機産業”をセントレアから発信!

ボーイング787

 ボーイング社 787ドリームライナー飛行試験初号機(ZA001)

※ボーイング社公式サイトより

同機は、ボーイング社787-8型機の飛行試験初号機(ZA001、登録番号N787BA)で、787で最初に製造された機体です。主翼や胴体など、日本の企業が同機の構造部位の約35%を中部地方にて製造しており、2015年2月にシアトルからセントレアへ”里帰り”し、同年7月7日に贈呈式が行われました。現在はターミナルビル南側の隅に駐機されていますが、大々的な展示施設の建設が計画されています。※飛行試験3号機(ZA003)は2014年11月にシアトル航空博物館へ、飛行試験2号機(ZA002)は2015年3月にアリゾナ州ピマ航空博物館へ寄贈されています。

セントレア商業施設

 新複合商業施設 イメージ図 ※セントレアプレスリリースより

(以下抜粋)歴史的価値のある787飛行試験初号機を屋内展示するとともに、教育的コンテンツも併設することで、若年層の航空への興味を喚起し、次世代を担う人材育成に資する等、地域への貢献にも繋げていく考えです。商業エリアでは、シアトルを中心としたアメリカの雰囲気を演出し、魅力的な飲食、物販店舗の展開を検討しています。

建設予定地は中部国際空港の南側立体駐車場近接地。施設規模は4月現在で未定ですが、ZA001号機が屋内展示可能なスペースを確保した複合商業施設を展開予定としています。開業は2017年度下期を予定しています。

DSC_0522

 エプロンの外れで出番を待ちわびる 787初号機

すでに機体はスタンバイしており、第二の人生の晴れ舞台の一刻も早い完成を待ち続けています。

DSC_0046[1]1[2]

 新複合商業施設 建設予定地付近(クリックで拡大)

空港島の南側、一般車周回道路の内側を中心とした敷地に、「787ドリームライナー飛行試験初号機(ZA001)」の展示を核とした、新たな複合商業施設を整備します。右に見えるデッキは、アクセスプラザから伸びる各立体駐車場への連絡デッキ。現状新商業施設への歩行者動線が無いため、今は行き止まりとなっているデッキを延伸する形で接続させます。またこのデッキは、国際展示場方面へも延伸する予定です。

DSC_0404_ShiftN

 駐車場連絡デッキ

写真は、デッキの南端(新複合商業施設予定地に最も近い地点)の様子です。中部国際空港駅などのあるアクセスプラザや、ターミナルビルへは動く歩道で直結しています。ここから新商業施設や、東へ折れる形で新国際展示場付近まで延伸します。

DSC_0045 22[1][1]

 新複合商業施設 建設予定地付近

同じく一般車周回道路の内側の敷地を中心に、建設される計画です。そしてさらにその奥には、国際展示場や外資系ホテル(後述)などの建設計画があり、デッキがジグザグに延伸されます。

DSC_0049_ShiftN 2

 新複合商業施設 建設予定地付近

ターミナルビル南側付近の地上から、空港島南エリア方向を望みます。デッキは一旦すぐ脇の道路を横断し、新複合施設を経由しながら、さらに東へ折れて国際展示場付近へと延伸する計画です。

愛知県が空港島内の県有地に独自で国際展示場を建設へ!

展示場

新国際展示場 イメージパース ※愛知県プレスリリースより

愛知県と名古屋市の双方は、東京オリンピックが開催される2020年までにポートメッセなごや(展示面積約3万5000㎡)を補完する新たな国際展示場の建設を掲げてきました。

以下これまでの大まかな流れ(複数紙面・議員ブログより)

2012年夏? 名古屋市がポートメッセなごや第1展示館の金城ふ頭駅南への移転計画を発表。
2013年09月  名古屋市が定例市議会にて展示面積10万㎡を超える展示場の建設計画を発表。
       (ポートメッセの新1号館も含め、総面積10万の意味と思われる)
2014年10月  愛知県が新たに10万㎡規模の国際展示場の建設計画を発表。
          名古屋市担当者「寝耳に水」。このとき市の展示場候補地は稲永ふ頭。
      (既存倉庫の移転補償や時間的な制約面から、実際は大村知事が河村市長に
          稲永案は不可能と再三伝えるも、河村氏側が聞き入れなかった説)
2016年01月  名古屋市が展示場新候補地(空見ふ頭)を県に打診。共同事業を提案。
      02月  愛知県が独自に展示場計画を進めることを決定(6万㎡・拡張で8~10万㎡)
          大村知事「既に2年待った。東京で開催される多くのイベントを呼び込むには
          五輪に間に合わせることが必達で、共同事業では間に合わない」。
      05月  これを受けて名古屋市も空見ふ頭への単独での展示場(5万㎡)計画を発表。
          大村知事「県の展示場とポートメッセを拡張してからにすべき」と河村市長
          を批判。
     06月  空港島内の予定地にて、ボーリング調査開始。

と、かなりグダグダな流れをたどってきました。

施設は東京オリンピックに間に合わせるため、「倉庫レベル」の最低限の設備に止め、事業費も約350億円(展示場単体は約300億円)と徹底的にコスト削減を図るとしています。

県の狙いはコミケなどのビックイベントか?

externals6[1]

 東京ビッグサイト(東京国際展示場) ※ビッグサイト公式サイトより

東京オリンピックに間に合わせる背景としては、「東京ビッグサイト」や「幕張メッセ」が一時的にメディア施設・競技会場として使用できなくなるためで、ビッグサイトは2019年度から一部施設が、2020年度からは全館使用ができなくなります。特に1回の総動員数が60万人を超え、ビッグサイト全館が貸切状態となるコミックマーケットは計3回分の開催期間にあたり、多大な影響が予想されています。現在ビッグサイトでは、改修工事の始まる既存展示場の仮設代替施設として新たに東新展示棟(東7~8ホール・計1万5,880㎡)を建設しており、五輪期間中の代替も含め、2016年秋から10年程度の暫定使用を予定しています。これに加え、東京都も東京テレポート駅近接地に2019年4月からの1年間使用可能な約2万4000㎡の仮設展示場を建設しているほか、五輪のメディアセンター用に建設予定の約2万㎡の拡張棟を2019年6月の完成に前倒しし、一時的な展示場不足に対応するとしています。これにより、2019年度に限っては最大6万㎡弱の新たな展示スペースが設けられることとなり、通常開催されるイベントの約9割をカバーできるとしています。これは関係者からの「ビッグサイトが2年連続で使用できなくなる事態は回避して欲しい」との声に応えたものと思われます。また、拡張棟は五輪終了後に展示ホールに転用される予定で、五輪終了時点で、ビッグサイトの総展示面積は約11万㎡にまで拡大します。

mainimage01

 幕張メッセ(千葉市美浜区) ※幕張メッセ公式サイトより

問題はビッグサイトの既存施設が全館使用不能となる2020年度です。当初使用予定になかった幕張メッセ(約7万5000㎡)も、ビッグサイトで開催予定だった一部競技の会場として使われることになりました。ただし、ビッグサイトのように1年丸々使用不可ということはないので、コミケファンの間では時期をずらせば幕張で開催できるとの見方もあるようですが、1991年に幕張で開催予定だったコミケが当時の社会的情勢により直前で晴海に会場変更となった経緯から現在は開催できない、待機列スペースが狭い2020年は五輪開催真っ只中で警備の人手が不足するなどの問題もあり、現在の代替候補地としてインテックス大阪(大阪国際見本市会場・約7万3000㎡)もしくは常滑の新国際展示場(約6万㎡)が有力視されているようです。

展示場1

 新国際展示場配置図 ※愛知県プレスリリースより

当初愛知県は国内最大規模の約10万㎡の展示場計画を打ち出していました。現計画によると、2019年の開業時点では、ホール数は全部で6つ。総展示面積は約6万㎡です。将来拡張したとして、最大で約8~10万㎡。五輪関係なく長期的な視点で見ると、総展示面積では拡張後のビッグサイト(約11万㎡)を下回る規模となっていますが、これは後から浮上したビッグサイトの相次ぐ拡張計画を考慮していないためと思われます。今から計画を見直すと東京五輪に間に合わないため、このまま計画は進められることでしょう。

展示場2

 新国際展示場(1~5ホール)内部イメージ ※愛知県プレスリリースより

中身を見てみると、工期短縮とコスト削減のため、1~5のそれぞれのホール内には柱を設置し可動間仕切りは設けず、シャッターを設置するとしています。幕張メッセ9~11ホールやビックサイト東展示棟は、可動間仕切りによって最大3ホール分の連続した無柱空間(それぞれ最大展示面積1万8,000平方メートル2万5,690平方メートル・最大天井高28メートル/31メートル)を形成できることを考えると、柱が干渉し、かつ空間の組み換えが自由にできない新展示場は、ローコストの実現で低額料金での利用ができるのは良いとしても、スペック面ではやや痛手のように感じます。

east_hall45

 東京ビッグサイト東展示棟内部(ホール間の可動間仕切りを完全に撤去可能)

※ビッグサイト公式サイトより

可動間仕切りを取っ払った様子です。互いのホール内部には柱が一本もなく、あらゆるイベントでの使用用途に柔軟に対応できる造りになっています。やはりある程度のお金をかけなければ、ここまでの施設は実現しません。国際的なイベントまで見据えたものを造るのであれば、最低限ポートメッセを超えるスペックが必要だったように感じます。

展示場3

 新国際展示場(1~5ホール)内部イメージ ※愛知県プレスリリースより

1~5の各ホール間には、このように高さ6メートルのシャッターが設置されますが、可動仕切りではないため見通しも悪く、非常に圧迫感を感じます。五輪後を考えた長期的スパンで見れば、このスペックでは各ホールをぶち貫いた広い空間でのイベントが可能なビッグサイト幕張メッセには勝てません。ただし、インテックス大阪はそれぞれの展示ホールが完全に独立しているため、総展示面積や1ホール単独での展示面積では劣りますが、使いやすさや首都圏からのアクセスの良さでは常滑の新展示場が上回ると思います。まずは長期的ポテンシャルよりも五輪開催中の経済効果を優先した県の判断が、はたして吉と出るか、凶と出るか。

展示場4

展示ホール6は唯一無柱空間となっていますが、広さは他のホール1~5と同じ1万平方メートル。過去に行われたBUMPやGLAYのライブツアーでは、可動間仕切りのある幕張メッセの9~11ホール(計1万8,000平方メートル)をぶち貫いて会場を設営しています。ロックフェスなどが行われているポートメッセなごやの第3展示館も、可動間仕切りによって最大1万3,500m²の連続した無柱空間にできますので、プレスリリースを読み通しても、今ひとつ掴みどころの無いスペックに落ち着いてしまっています。

 <各コンサート・ライブ対応施設(スタンディング)>
・ポートメッセ3号館:約1万3,500㎡
・新国際展示場ホール6:約1万㎡

<各コンサート・ライブ対応施設(座席あり)>
・ナゴヤドーム フィールド面積:約1万3,200㎡(収容人数:45,000人)
・ガイシホール:3,646㎡(収容人数:10,000人)
・愛知県体育館 第一競技場:2,468㎡(収容人数:7,407人)
・名古屋国際会議場 センチュリーホール3,520㎡(収容人数3,012人)

DSC_0424_ShiftN

 早くもボーリング調査が開始された、国際展示場予定地(2016年7月10日現在)

※写真は最後の写真および注釈のある画像以外2016年6月26日撮影。

【参考】ボーイング787ドリームライナー飛行試験機 (ZA001号機)の屋内展示を核とした 新たな複合商業施設の整備について(2016年3月31日 セントレア公式サイト

【参考】2019年秋に誕生する大規模展示場について知事がプロモーションを行いました!(2016年6月16日 愛知県公式サイト)

【参考】787ドリームライナー初号機(ZA001号機)を中部国際空港株式会社に寄贈(ボーイング社公式サイト)

次に続きます。