KITTE 名古屋 2016.6.17 OPEN特集!

DSC_9600

名古屋駅前に竣工した「JPタワー名古屋」の商業施設部分、「KITTE名古屋」の一部テナントが今月18日に先行オープンしましたので、見てきました!

DSC_9436

一気に煌びやかになった中央郵便局交差点付近。

DSC_9469_ShiftN

KITTE名古屋は、36のテナント(物販8店舗、食物販6店舗、飲食19店舗 ※2017年4月開業予定の店舗も含む)で構成されます。

DSC_9506[1]

 名駅通り  KITTE前

数年前の旧中央郵便局時代からは考えられないほど、大変貌を遂げました。

DSC_9502_ShiftN

 スターバックスコーヒー KITTE名古屋店

集客力の高いスタバは、名駅通り沿いの1階正面玄関付近に出店しました。営業時間は07:00~22:00までです。

DSC_9445[2]

 JPタワー名古屋 全景

祝福ムードのJPタワーに「乾杯!」

DSC_9573

DSC_9515_ShiftN

DSC_9504_ShiftN

1階正面玄関

DSC_9521_ShiftN

DSC_9597

 1階アトリウムと吹き抜け

3階まで吹き抜けになっています。1階の正面奥が名駅通りに面した入口。右のエスカレータを降りたところが地下鉄名古屋駅連絡口。

DSC_9606_ShiftN[1]

 GOLD FISH

アトリウム内に設置された、高さ8.88メートルのモニュメント。西側に向かって左がメス、右がオスだそうです。

 2階フロア

DSC_9586

 タワーズ連絡通路

タワーズの2階デッキに接続する歩行者通路沿いには、4つの物販店が出店しました。撮影時は22時を回っていたため、既にこの日は営業を終了していました。(物販は10~20時まで営業)

DSC_9585

魚河岸酒場 ふく浜金

歩行者通路北端の入口付近にオープンした、「飛騨ふぐ」と地酒が楽しめるモダン居酒屋。

DSC_9581_ShiftN

初日から満員御礼の店内に、店員さんも大忙し。

DSC_9612

 24/7 café apartment

”一汁三菜”をテーマに、ヘルシーな食事が楽しめる新業態カフェ。仕事帰りの一杯にもおすすめです。

地下1階フロア

DSC_9631_ShiftN

 地下鉄名古屋駅連絡口

アトリウムとは、エスカレータで直結しています。レストラン街「BIMI yokocho」に最も近い出入口です。

DSC_9546_ShiftN

地下1階フロアは、BIMI yokocho(11店舗)のほかに、2店舗が出店しています。

DSC_9559_ShiftN_ShiftN

 CRAFTBEER KOYOEN(右)・デリフランス(左)

CRAFTBEER KOYOENは、地元名古屋・吹上のサッポロ工場跡地に隣接するビール園『浩養園』のブルワリーで醸造するクラフトビールをはじめ、7種類の国産クラフトビールや、東海三県の食材を使った料理が楽しめるビヤバーです。デリフランスは市内初出店のベーカリーショップ。

 BIMI yokocho(地下1階フロア)

DSC_9553

入口横に設置された、巨大な案内ディスプレイが目を惹きます。

DSC_9560

 レストスペース

「BIMI yokocho」 の東西両入口付近には、ゆったりとしたレストスペースが設けられています。JR名古屋駅の「うまいもん通り」と比べても、かなり広々としています。

DSC_9562

 BIMI yokocho

地下1階の「BIMI yokocho」には、地元名古屋の味を楽しめるお店だけでなく、イタリア・インド・和食・中華など、計11店舗の個性あふれる飲食店がひしめいています。

DSC_9568_ShiftN

 スパゲッティハウス ヨコイ

創業50年を超える老舗のあんかけスパ専門店の「ヨコイ」が約40年ぶりに出店する直営店。切手にちなんだオリジナルメニューがあるそうです。

バスターミナル付近(地上1階フロア)

DSC_9641

 JPローソンKITTE名古屋1F店

なんと、JPローソンが2階(先行開業済み)と1階にダブル出店しました。店舗名も「KITTE名古屋1F店」と「2F店」に区別されており、非常に珍しい形態となっています。「JPローソン」とは、郵便局株式会社とローソンがタッグを組み、コンビニ内で郵便局のオリジナル商品を取り扱う新業態のコンビニです。2F店は、40席のイートインコーナーも併設しています。

DSC_9614

 レストスペース

新バスターミナルに隣接するレストスペース。名古屋の玄関口にいながら、まるで山間深いドライブインにでも来たかのような木の温もりあふれるのんびりとした空間が広がっており、この雰囲気のギャップには驚かされます。バスターミナルが開業すれば、沢山の人々が行き交うことになりますが、しばし一息つきながら談話にも花が咲き、同時に旅の疲れも癒してくれることでしょう。

DSC_9621_ShiftN

 新市バスターミナル入口(レストスペース付近)

2017年度初頭の供用開始に向け、工事が進められています。バスターミナルの内装はまだまだこれからといったところです。

DSC_9615_ShiftN[1]

 第二期開業予定テナント

2017年4月に開業予定のテナントスペースです。新たに6店舗(物販2・食物販4)がオープンする予定です。バスターミナルの開業時期にタイミングを合わせたものと思われます。

DSC_9629
フロア案内板にも、追加スペースがあらかじめ確保されています。

DSC_9617

 喫煙ルーム

非喫煙者の私も思わず入りたくなる、「わび・さび」の空間。

DSC_9566

トイレマーク

さて、どこのトイレでしょうか??

DSC_9571

体調面でしばらくブログを更新できない状況にあり、申し訳ありませんでした。今後もペースは不定期となりますが、気長にお待ちいただければ幸いです。

※すべて2016年6月17日撮影。

【外部リンク】KITTE名古屋 公式サイト

【外部リンク】JPタワー名古屋 公式サイト

コメント

  1. 中村区民 より:

    行ってきました。ふく浜金の近くの屋外にも休憩スペースがあり、
    建物内に、かなりの椅子が置かれている印象でした。
    トイレの看板も発見できました。

  2. k-carrot より:

    中村区民さん

    コメントありがとうございます。

    KITTEの休憩スペースはかなり多いですね。大名古屋の地下のように、休憩スペースがあると自然と人が集まるので、今後も新しい施設には積極的に増やしてほしいです。