この記事をシェアする

円頓寺界隈への新規出店が加速!空き店舗を「那古野ハウス」に & お一人様も歓迎!カフェ併設の「円道寺横丁」へ行く ほか

この記事をシェアする

何かとネタが尽きない円頓寺本町・円頓寺商店街付近ですが、むしろ最近はネタがかなり多くなってきましたので、新たに「円頓寺界隈」をカテゴリーに追加しました。今回もぶらぶら歩きながら新ネタをご紹介していきます。

 円頓寺本町商店街の新たな顔に!?

 円頓寺本町商店街入口付近

店舗付き事務所ビルの建設計画が出ていました。プライムセントラル・なごや小(旧那古野小)のすぐ近く。同商店街のアーケード内には、他にも空き店舗を解体して事務所の入る建物が完成しており、オフィス需要の高まる名駅至近の立地を生かした傾向と言えます。

空き家になっていたと思われる木造家屋2棟を解体。わずかな駐車場のスペースも使って新ビルを建設。

 円頓寺商店街

一方、前回お邪魔した「Antico Ciabattino」さんの入る「那古野ハモニカ荘」のすぐ隣にあった空き店舗(旧サカエ堂)で、改装工事が始まりました。

 旧サカエ堂(左手前)(再掲載・2016年1月24日撮影)

元々「サカエ堂」は、1階に電器店、2階にピアノ教室と住居があったようですが、閉店後はしばらく空き店舗となっていました。

今回のリノベーションは、向かいにあるゲストハウス「西アサヒ」と、新たに設立されたボルダリングハウス「KNOT」が共同でリノベーションを行っており、ゲストハウスとボルダリングハウスの複合施設として、来年度の開業を目指す「那古野ハウス」へと生まれ変わる予定です。

今回のリノベーションも、クラウドファンディングによる建設資金の援助が求められています。西アサヒさんの店頭にチラシが置いてありましたのでもらってきましたが、現店舗の運営と「那古野ハウス」への新規投資で3000万を超える借入金が発生しているそうで、地域のためとはいえ、商店街活性化への道のりはかなり険しいものであることがわかります。

出典 【ボルダリング×ゲストハウス 】円頓寺商店街に「西アサヒ 別館」をつくります!

 (仮称)那古野ハウス イメージパース

チラシによると、援助には3,000円~最大500,000円まで8つのコースがあり、出資した金額に応じてもれなく「リターン」がもらえます。オープン前見学会への招待、西アサヒ名物「タマゴサンド」のサービスチケットから、ゲストハウスの無料宿泊券、別館ラウンジが無料で貸切利用できる権利、ボルタリングジム生涯無料など、様々な特典が用意されています。普通の寄付に止まらず、一般の人ではできない経験ができるので、これはこれで面白いと思います。

 喫茶「まつば」

さらに、リノベーション中の那古野ハウスのすぐ隣にある喫茶店も、改装工事のためしばらく休業。

大須に比べると、イベント開催時以外の人通りはまだまだ少ないのですが、アーケード内の空き店舗がどんどん改装されており、大須に引けをとらない勢いというか、エネルギーを感じます。円頓寺の往時の賑わいは必ず取り戻せると確信しています。

 四間道(しけみち)へ

この日も写真サークルと思われる団体の方々を見かけました。他にも散策に来られている方がちらほら見られ、だいぶ四間道も注目されてきたように思いますが、傍ら猛スピードで通過する車もおり、四間道を訪れる人が増える一方、車両の通行と歩行者の棲み分けが問題になってくるでしょう。

 旧青木邸蔵

以前の記事に掲載した旧青木邸の再整備現場です。補修中の土蔵(奥)の様子は変わっていませんが、新しい母屋が建つスペースはコンクリートの基礎ができています。

奥の道路側と、手前の四間道側で高低差があり、手前の方が土地が低くなっているので、ここから見るとかなりの高さの基礎が築かれています。

 四間道の秋

 浅間神社(せんげんじんじゃ)

魅惑の懐かしさをカフェで体感

 円道寺横丁

円頓寺商店街「西アサヒ」前のT字路を南へ折れ、100メートルほど歩くと、長屋の一角にあるのが2017年8月にオープンしたばかりのギャラリー&カフェ「円道寺横丁」。お隣も古民家を改装したカフェが3軒ほど連なっており、どんどんお店が増えてきているということで円頓寺界隈の中でも今、特に注目のエリアです。

入口を入るとまずカフェスペースがあります。小学校の時に使っていたのと同じ椅子が置いてあります!懐かしいです。普段はランチタイムを中心に、沢山の人で賑わっています。2階は和室を利用した「撮影スタジオ」となっています。お店のPCでホームページを見せていただきましたが、画面のタッチパネル機能が前から効かなくなっているということで、その場ですぐに直すことができました。同様の事象があれば、画面の故障より設定を疑ってみてください。

カウンターにあるポットのあたたかいお茶は自由に飲むことができます。私は石油ストーブの香りがすると、「あぁ、冬が来たな」と感じられてとても落ち着く「匂いフェチ」なのですが、家で石油ストーブを使わなくなってしまったので、こちらに置いていらっしゃって、つい嬉しくなってしまいました。やっぱり冬は石油ストーブですよ。

いただいたのは、風邪にも効く「しょうがはちみつレモン」です。からだの内部から燃えるように温まります。このときちょっと風邪気味だったのですが(しかもしつこい風邪菌)、翌日には完全に体調も良くなって絶好調です。他にも無農薬野菜を使用したランチメニューや、動物性を使用しない食材にこだわった、水曜限定営業の「水曜喫茶」メニューなど、お料理を楽しむこともできます。

外部リンク 円道寺横丁 公式サイト (「Cafe」ページにメニュー記載)

ここの何が一番良いかというと、元々民家だったので中は改装してありますが、どことなく古民家の懐かしい香りがしてくるのと、部屋の間取りなどもそのまま生かされているため、こっそり隠れたくなるような狭い空間などもあってワクワクしてくるところです。

奥の複数の小部屋には、さまざまなクリエーターさんの作品が販売されています。雑貨を中心に、とれたて野菜や椅子や時計などの家具などもあります。この日は椅子を買って行かれたお客さんがいました。

ウンターにいらっしゃるのは店長の早川さん。普段円頓寺界隈からはあまり外へ出ないということですが、それだけこの界隈の居心地が良く、愛着をもっているということなのかもしれません。先述の「那古野ハウス」のチラシの、ボルタリングハウス「KNOT」さんのコメントにもありましたが、一人で訪れても”自然と”コミュニケーションが生まれる空間というのは本当に大切で、それが沢山ある街ほど長く続いていくのだと思います。逆に私のようにいきなり一人で来ても快く歓迎してくださる空間というのは、私にとっても大変嬉しいことで、また立ち寄ってみようかなという気になります。円道寺横丁、本当にいいところです。

撮影協力/道寺横丁(えんどうじよこちょう)
〒451-0042 名古屋市西区那古野1丁目23-9
【TEL】052-750-9434
【営業時間】11:00〜18:00(ランチ:11:30~ 水曜日のみモーニングも営業:8:00~11:30)
【定休日】火曜日

出典 【ボルダリング×ゲストハウス 】円頓寺商店街に「西アサヒ 別館」をつくります!

外部リンク 円道寺横丁 公式サイト (「Cafe」ページにメニュー記載)

外部リンク ボルダリングハウス KNOT 公式サイト

※2017年11月25日(円道寺横丁の店内は2017年12月9日)撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)

トップへ戻る