この記事をシェアする

秋の終わりの名城公園はこんなにすばらしい(掲載が真冬になってしまいすみません)

この記事をシェアする

最近は金シャチ横丁に天守閣木造化、トナリノ開業にリニア名城非常口問題などなど、話題が盛りだくさんの名古屋城周辺ですが、たまには都会の喧騒から解放されようと、名城公園(北園)にやってきました。天守閣北側の水濠付近、トナリノよりも市道を挟んでさらに南側のエリアです。

写真を整理するまで気づきませんでしたが、よく見ると右下には「東海銀行」の文字。東海財団は、かつての東海銀行が社会貢献活動の展開を目的に1975年に設立された財団法人で、旧東海銀行の本店内に事務所を構えていたようです。それぞれのコンセプトに沿って名付けられたいくつかの「森」が分布。

夏場に来ると比較的普通の公園という印象ですが…

秋は四季の中で唯一、それぞれの「森」が一体となる、特別な空間に。

一面が落葉の絨毯で覆われます。

イベント広場も。

この日はあたかかく心地よい木漏れ日が差し込み、レジャーシートを広げる家族連れ。

うず高く積もった落ち葉がクッションとなり、小さい子が走り回っても比較的安心。

他にも銀杏や、

もみじ。

ここが名古屋の都心部であることをついつい忘れそうになります。

外濠は渡り鳥たちの憩いの場。

冬鳥のユリカモメ(右)も飛来。ちょこちょこと水掻きする姿が愛らしい。

大いにリフレッシュができました。

※すべて2017年12月2日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)

コメント

  1. 名無し より:

    名城公園にある球場は2026年のアジア大会開催までに愛知県体育館の新築移転の場所として検討されてるんですよね。
    愛知県体育館は名古屋城の南にある二の丸にありますけど、名古屋市は愛知県体育館を移転させて、江戸時代に二の丸にあった二の丸御殿の屋敷群など建物の復元整備して名古屋城にやって来る観光客の憩いの場にしたいと考えています。

  2. k-carrot より:

    名無しさん

    コメントありがとうございます。
    ちょうどトナリノのすぐ近くですね。今度は「名城公園」駅が至近なので利便性も現在と変わらず(むしろ駅からは近くなる?)、天守閣に近いメインエリアを観光施設に譲るのは良いアイデアだと思います。「市役所」駅からアクセスした場合でも金シャチ横丁やトナリノなどを経由して公園北園にも人が行き渡るように、回遊性をしっかり考えた構想だと思いますので、体育館の移転が非常に楽しみです。

トップへ戻る