この記事をシェアする

リニア中央新幹線名古屋駅 準備工事の進む太閤通口 高速バスのりばを再び移設?工事ヤードを拡大か 2017.8.6

この記事をシェアする

2016年1月に、太閤通口の高速バスターミナル中央にあった「太閤通口自動車整理場」および、隣接するJRハイウェイバスの臨時便のりば・降車場が閉鎖され、跡地に工事ヤードが設置されるなど、リニア名古屋駅の建設に向けた準備が本格的に始まりました。最近になって、再びのりばの移転工事と思われる大掛かりな工事が始まりました。

 工事ヤードが南へ拡大?

高速バスブースは2017年8月現在、4つありますが、1番のりばと2番のりばの間で新たに工事が始まりました。

 太閤通り

一部歩道にも通行規制がかかり、ターミナル内への迂回ルートが設けられました。

リニアの開業を見届ける前に東海道新幹線から退くことが決まった700系。

 1番のりばと2番のりばの間

歩道沿いの駐輪場も閉鎖され、柱の基礎らしきものを確認。のりばの上屋にしてはずいぶん太い。

結構がっつり掘り返している。

 1番のりば(福井・金沢・富山方面)

ハイウェイバスと市バスの深夜2系統が同居していましたが、先に市バス深夜2系統(地下鉄高畑行き)は2番のりばへ、市バス深夜2系統(栄行き)はビックカメラ前に移転していました。テープを巻かれた木は伐採予定? とすればさっき掘り返していた場所に1番のりばが移転する可能性も。

 旧太閤通口自動車整理場跡

縁石で新たな線形を確認。近々ここでバスが回転することになるか。現在の北側のバスターミナル入口は完全に閉鎖?

 2番のりば(東京・新宿・静岡方面)

ディズニーランドへの夜行バスのりばは、ここではなく4番のりば(京都・甲府・神戸・岡山方面)なので、ちょっとややこしい。

 2番のりばに移転した 市バス深夜2系統「地下鉄高畑」行きのりば

年末年始・お盆・休日を除く月~金のみ、深夜1時48分に出発。運賃は大人420円・子ども200円。地下鉄の終電を逃したときに便利。

2番のりばの北側に隣接していた駐輪場もリニア準備工事のため、閉鎖済。

おそらくこのあたりも工事ヤードの一部に取り込まれる可能性が。

 キャパオーバーの噴水前一般車降車場(右奥)

高速バスターミナルの北側入口付近にあった一般車降車場もこちらへ移ってきていますが、エスカ地下駐車場に並ぶ車列とゴチャゴチャになって、タクシーおりばにまで一般車があふれています。

ニアの準備工事では、今のところ桜通口より太閤通口のほうが進んでいる印象がありますが、また動きがあり次第、随時レポートします。工事ヤード設置前の記事はこちら(2014年1月作成分) (2015年12月作成分)

※すべて2017年8月6日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)