この記事をシェアする

「名鉄・ザイマックス」グループによる地下鉄伏見駅のエキナカプロジェクト 工事始まる! 2017.10.22

この記事をシェアする

名古屋市交通局が初めて計画する駅ナカ事業の第一号案件として、2019年度の開業を目指して、地下鉄伏見駅構内で計画されているリニューアル工事が予定通りスタートしました。開発主体は、JR東日本・JR西日本・東急不動産の各子会社等との企画競争を勝ち抜いた、「名古屋鉄道・ザイマックス」グループが選ばれています。

 多数の店舗区画を段階的に整備

出典 交通局プレスリリースより(再掲載)

計画では、「ミチからマチへ~Fushimi Crossing Place~」をコンセプトに、 多彩な要素が交わる街“伏見”の玄関口を、通過点の「ミチ」ではなく、より楽しい「マチ」として捉え、中央改札から鶴舞線南改札にかけての合計約900㎡のスペースに、物販、軽飲食、サービスなど、15 店舗程度を出店します。エキナカのブランド名がどのようになるのかは分かりませんが、名鉄は金山駅にて自社のエキナカブランド”ミュープラット”の第一号店を2014年に開業しており、伏見駅にもそのノウハウを生かすものと思われます。

工事は区画ごとに段階的に進められるようで、第一弾は旧伏見サービスセンターの一部と、旧倉庫室?付近が仮囲いされています。(上の店舗配置計画の赤枠の部分です)

工期は約4ヶ月弱。全体の完成は2019年度なので、約2年にわたる長期工事となります。

工事の範囲からは外れていると思っていた、中央改札内の鶴舞線上小田井方面ホームへのエスカレーター付近の天井板も剥がされていました。

左奥が中央改札口。

地下鉄千種駅のリニューアル工事とともに、随時ウォッチングしていきます。

※すべて2017年10月22日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)