この記事をシェアする

一人散歩も、家族サービスも、日課のランニングも。名城公園をみんなで育む新しい複合商業施設「tonarino(トナリノ)」誕生!+交通局旧名城工場の跡地活用を考える

この記事をシェアする

DSC_5867_ShiftN

2017年4月27日、それまで名古屋城に隣接しながら歴史や文化を発信しつつも、どこか賑わいに欠けていた「名城公園」が大きく注目されました。名古屋市が「つくり、守っていた」公園を「育て、生かす」公園に変え、魅力的なまちづくりにつなげようと「名古屋市公園経営基本方針」に基づく民設民営のにぎわい拠点の整備が、この名城公園(北園)にて進められてきました。新たに誕生した「tonarino(トナリノ)」は、名古屋城の隣、大津通りの隣、市民の隣…さまざまなものに寄り添いながら管理者・利用者と共に成長していくことをコンセプトに造られた、”完成しない”新しい複合商業施設です。

 公園ユーザーと育む、新しい都市空間

トナリノ整備前

tonarino(トナリノ)整備前の様子  ※グーグルマップより

整備前は、倉庫などが置かれている他は、ほとんど空き地となっていました。

DSC_5990_ShiftN[1]

地図上で「現在地」となっている位置の少し下がトナリノの場所です。下車駅は地下鉄名城線「名城公園」駅が最も近いですが、「市役所」駅からでも歩けない距離ではありません。

DSC_5633

「市役所」駅から北へ歩き、名城公園(北園)の南側入口を通過し

DSC_5669

愛知学院大の協力で美しく公園を彩る花壇を見ながら

DSC_5636

新緑のトンネルを抜けると

DSC_5784

着きました。

 【外部リンク】tonarino(トナリノ)公式サイト

DSC_5878

 こもれびの広場

この日は中央のスペースでマルシェが開かれていましたが、他にもワークショップや音楽イベントなど、様々な形での交流の場となるよう願いが込められています。背後に見える愛知学院大と施設の運営会社が2016年に基本協定を締結しており、イベントの開催にさらに弾みがつきそうです。

DSC_5857_ShiftN

 さら名城(1F  ひなたのテラス下)

トナリノの目玉でもある、公園ランナーやサイクリスト向けのサポート施設。五輪出場選手のサポートを行ってきたレスリング日本代表のトレーナーが、スタッフとしてスポーツケアに特化した施術を提供してくれる「タイセイカンプラス」は、45分4,500円~でマッサージを通じた正しい身体のケアを受けることができます。共に軒を連ねるプライベートランニングスクール「FROG(フロッグ)」は、マンツーマンから少人数のレッスン、朝活ランニングスクールなど色々なコースが用意されています。その他、シャワールーム(有料)やコインロッカーも備えています。 【外部リンク】FROG(フロッグ)公式サイト

DSC_5888_ShiftN

ひなたのテラスへとつづく「空への階段」。腰を下ろして空を眺めるカップル、グリコをやる子ども、駆け回るペット、イベント時には観客席にも早変わり。こういった合理的でない、いい意味で無駄のある空間を備えた施設は、市内にはまだまだ少ない─。

DSC_5724

「空への階段」からテラスに続く欄干は、あえて無機質な金網フェンスに。”どんな風にアレンジしようか…”公園が生み出す四季折々の風景に合わせて、シーズンごとにさまざまな想像をかき立てる、一つの「キャンバス」になっています。

DSC_5918tt

 DEAN&DELUCA CAFE(ディーン&デルーカカフェ) 2F

「ひなたのテラス」に併設されています。ミッドランドスクエアや松坂屋本店地下に出店している「DEAN&DELUCA」のカフェ業態で、首都圏以外では初の出店となりました。

営業時間:8:00~20:00

【外部リンク】 DEAN&DELUCA CAFE(ディーン&デルーカカフェ)名城公園 公式サイト

DSC_5940

「ひなたのテラス」はウッドデッキになっており、テーブルを備えたクッション型のベンチが設置されています。歩き疲れたら、天気のいい日はここで一息つくのも有り。友人・家族同士の会話にも花が咲きそうです。

DSC_5933

 GARB  CASTELLO(カーブ カステッロ) 1~2F

ピッツァや本格イタリアンが楽しめるレストラン。同窓会やウェディングパーティーなどにも対応しているほか、手ぶらでBBQが楽しめるテラスバーベキュープラン(4名 4,500円~・テラス席あり)もあり、さまざまなシーンに活用できます。

営業時間:11:00~23:00(年中無休)
ランチ :11:00~15:00(L.O.) カフェ:11:00~22:30(L.O.)
ディナー:17:00~22:00(L.O.)

 【外部リンク】 GARB  CASTELLO(カーブ カステッロ)公式サイト

DSC_5952

ひなたのテラスからこもれびの広場を見下ろす。

DSC_5905_ShiftNttt

DSC_5796

建物の北側は、1階のカフェ、2階のレストランで共にテラス席を配置するなど、オープンスペースを広く確保しています。

DSC_5801

 スターバックスコーヒー 名城公園店 1F

大津通りに面してテラス席が設けられています。歩道に繋がる開口部も設けられ、自由に出入りができるようになっています。

営業時間:8:00~22:00(年中無休) 公共無線LAN有り:au,Wi2 300

【外部リンク】スターバックスコーヒー 名城公園店 公式サイト

DSC_5823

DSC_5827

2階にあるバーベキューテラス席は、大津通り側にも配置されています。1階は通りに面して、複数の開口部が設けられているのがわかります。

DSC_5831

トナリノの建物も大津通りの新緑に溶け込むデザインで、道路と公園の隔たりを全く感じさせません。今後予定されている久屋大通公園の再開発のヒントにもなりそうな整備手法です。

DSC_5847

大津通り沿いの、南側の駐車場に面したテナント区画の1階は「ローソン 名城公園店」(営業時間:6:00~23:00)と、「ニシオスポーツhasiri-Ni」が出店しています。(2階は先述の DEAN&DELUCA CAFE(ディーン&デルーカカフェ))

DSC_5841ttt

 ニシオスポーツhasiri-Ni

ニシオスポーツの新業態店舗。公園ランナー向けのランニングシューズをはじめとした、ランニング特化型の店舗となっています。

営業時間:午前11:00~午後8:00(水曜定休)

【外部リンク】 ニシオスポーツhasiri-Ni 店舗情報

 面的開発が進む名城地区

名城地区

名古屋市交通局 旧名城工場  ※グーグルマップより

近隣では、名古屋城に隣接して整備予定の「金シャチ横丁」や、実現に向け大きく動き出した全国初の天守閣木造復元(2022年完成目標)など、一大観光名所としての機運が高まってきています。そんな中、名古屋市交通局は2004年に廃止した旧名城工場跡地(約6,000平方メートル)の有効活用に向けた検討を行っています。廃止は地下鉄車両の点検機能を他工場へ移管したためですが、同工場内には現在も地下鉄へのトンネル入口があるなど、有事の際に復旧などの面でも必要な機能を備えていることから、開発ノウハウを募る民間企業だけでなく、引き続き交通局としての土地利用も含めた両立を視野に入れています。(2017年3月28日 建通新聞より)また当面は、交通局の合同庁舎より西側(大津通り側)の活用を検討します。

名城2

拡大すると、地下鉄トンネルへの入口が確認できます。個人的な考えとしては、日進市のレトロでんしゃ館をここに移転させ、先般引退した東山線5000形や鶴舞線3000形(一部)の展示や商業機能の導入も含め、規模を大きくしたものを整備したら面白いと思います。(展示できる車両が残っていればの話ですが)名古屋城木造天守閣・本丸御殿・金シャチ横丁・トナリノと相乗効果が見込まれ、名城地区一帯が劇的に化けるポテンシャルがあります。

 【外部リンク】tonarino(トナリノ)公式サイト

※グーグルマップを除いて、2017年5月7日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)