• みなとアクルス
    「ららぽーと名古屋みなとアクルス」2018年9月28日(金)グランドオープン!見どころを総まとめ!&最新の建設状況を見てきました&かつては日本初の国際博覧会会場だった?
    2018年7月10日
  • 名駅界隈
    わずか9年で解体!?リニア名古屋駅予定地内の河合塾名古屋校に再び移転計画浮上&リニア関連工事で使用停止となったJR名古屋駅2番線
    2018年6月7日
  • 名駅界隈
    名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10
    2018年3月17日
  • セントレア・知多半島
    【中部空港島】愛知県国際展示場の建設始まる!フォーポイント バイシェラトン他 FRIGHT OF DREAMSも完成間近!新ターミナルビルも着工 2018.5.20
    2018年5月23日
  • 栄界隈
    【リニューアルの全容】全く新しい地下街に生まれ変わる「サカエチカ」のリニューアル工事がいよいよスタート! 2017.6.11
    2017年6月14日
  • 渋谷界隈
    100年に一度の大改造!銀座線渋谷駅移設工事の概要─再開発で銀座線はこう変わる!
    2016年11月23日
  • 品川駅北地区
    山手線に半世紀ぶりの新駅誕生!路線のルートも変わる品川駅北側&現地で見た巨大橋上駅舎 田町ー品川間新駅&京浜東北線(南行き)線路切り替え前の様子 2018.5.5
    2018年5月26日
  • 東京駅八重洲口
    八重洲口の一等地で20棟をまとめて再開発!三井不動産のビッグプロジェクト「八重洲二丁目北地区市街地再開発事業」の様子&ブルガリ ホテルズ & リゾーツが日本初進出 !
    2018年5月8日
  • 岐阜県
    柳ケ瀬”再始動”の兆し─商店街の今&センサ跡地はこんなに広かったのか…解体工事の様子&岐阜駅東地区デッキ延伸工事 2018.3.17~5.13
    2018年5月16日

四間道(しけみち)沿いに立地し、四間道の趣ある景観のひとつとなっている長屋の1室について、住民退去による一部取り壊しの危機に直面していましたが、景観を保全するため地元住民が中心となりクラウドファンディングの活用による新たな貸アパートへのリノベーションが進められてきました。2017年12月11日より解体工事が始まりましたが、2018年2月17日をもって無事完成を迎えることができました。3回目は所用で参加できませんでしたが、2回目と今回完成した4回目の見学会の様子をお伝えします。

 

MEMO

 ↓着工前(第一回目)の部屋の様子
【改修着工前】四間道にある長屋の見学会に参加してきました
2017.12.16
四間道(しけみち)沿いに立地し、四間道エリアの風格ある景観の一部を形成していた長屋の一部が、住まわれていた方の退去により取り壊しの危機に直面しました。そこで価値ある景観を後世のために保全すべく、地元住民が中心となりクラウドファンディングによる改修費用を募った上で、入居希望の方のための新たな住居へリノ...

 

第二回目の見学会

着工前と比べて内装が完全に取り払われ、土壁や梁が露出した状態。このときは梁などに湿気の匂いが着くのを防ぐための薬が散布されていました。

 

 

 

玄関。

 

 

 

2階は床も撤去され、全面吹き抜け状態に。柱や梁などはここまま活用します。

 

 

 

かなり古い家のため、所々基礎が侵食しています。

 

 

 

1階、左の廊下奥には台所やトイレなど水回りの設備があり、右側は手前から計4つの部屋がありました。

 

 

 

 

 

 

外壁は、コンクリートで増築されていた部分が撤去され、ベニヤ板で塞がれています。リノベーションでどのように生まれ変わったのか!?

 

 

第四回目の見学会(完成)

いよいよ最後の見学会となりました。

 

 

 

玄関の「たたき」は入口により近い場所になり、改修前は廊下だったスペースがリビングルームの一部に組み込まれています。

 

 

 

部屋は2階建ての3LDK。洗面所・浴室も新しくなりました。広さは全体で約80平方メートル、家賃は月10万円?だそうです。

 

 

 

四間道側の一室は畳の和室となっています。

 

 

 

リノベーションで唯一新しくなった窓。元々この場所にあった腰高窓は、より光の差し込む吐き出し窓になりました。

 

 

 

1階奥の寝室は内装全面に天然木が貼られ、リビングとデザインが一体化していますが、窓サッシや部屋の形はそのままに、改修前の雰囲気を最も色濃く残しています。

 

 

 

昔のままの梁の木目が美しく残る。

 

 

 

リノベーションにより、2階のフロア面積を少なくし、大半が吹き抜けとなりました。梁は黒く、壁は白く塗り直され、メリハリのある内装に。

 

 

 

一部の梁には襖の溝がそのまま残されています。

 

 

 

2階の角スペースは窓からの採光で明るく、デスクワークなどに活用できそう。

 

 

 

 

 

 

 

以前の2階は畳の部屋が二間続きでありましたが、吹き抜けで全体の解放感を演出するため、ロフトとして生まれ変わりました。

 

 

 

吹き抜けを見下ろす。

 

 

外観の変化

 改修工事着工直前(2017年12月11日撮影・再掲載)

かつて1階玄関横にあった和室の増築部分(コンクリート外壁)。以前は格子付きの腰高窓でした。

 

 

 

 改修工事完了後

窮屈だった玄関周りのスペースにゆとりが生まれました。景観に配慮し、新しく設置された掃き出し窓の外には引き続き格子が取り付けられました。玄関の引き戸のデザインと連続性を持たせています。

 

 

 

ほんのささやかではありますが、自分の支援させていただいた建物が美しく生まれ変わったのを見ると、とても嬉しい気持ちになります。

 

 

旧青木邸蔵 改修保存工事

 旧青木邸 母屋改築工事

こちらも前回の基礎だけの状態から工事が進み、一気に存在感が出てきました。

 

MEMO

 ↓前回の旧青木邸の工事の様子はこちら
見どころいっぱい!四間道(しけみち)はこれからが面白い 青木邸改修工事・隠れ家レストランほか 2017.7.22
2017.12.10
前回、夜の四間道を散策していると、色々と新たな発見があったので、後日昼間に改めて散策してみました。 道端で夏野菜を販売中。名駅至近であることをつい忘れるほど、のどかな雰囲気。 嬉しいことに、土蔵を改装したレストランが四間道にまた1つオープンしました。黒板の写真を撮らせていただいていると、...

 

 

お約束、外壁デザインのモックアップ。

 

 

 

 旧青木邸 土蔵保存工事

土蔵の外壁補修工事も終わりに近づき、新しい外壁が!

 

 

 

 

2棟続いた蔵のうち、手前の蔵は以前は黒い外壁でしたが、隣の蔵とデザインを合わせて真っ白い外壁に。

 

 

 

黄金色の雨どいがアクセントを利かせています。

 

 

 

ラウドファンディングによる4回にわたる見学会は、無事工事の完了を迎え、終了となりました。今回は長屋のレポートとなりましたが、四間道では土蔵をリノベーションした飲食店なども少しずつ増えており、土蔵改修のクラウドファンディング企画があれば絶対に面白いと思います。土蔵の内部は当然ながら普通の住居とは造りも異なり、蔵独特の重層感もあってかなり見応えがありそうですが、土蔵内の飲食店は敷居が高くなかなか一人では行けないので、内装は写真でしか見たことがありません。土蔵改修の見学会みたいなものがあれば、是非企画して欲しいです。絶対に見に行きます。
※一部を除いて2018年2月17日撮影。
コメントを残す

関連キーワード
  • 「ららぽーと名古屋みなとアクルス」2018年9月28日(金)グランドオープン!見どころを総まとめ!&最新の建設状況を見てきました&かつては日本初の国際博覧会会場だった?
  • 【特集】「丸栄本館」が75年の歴史に幕  村野藤吾が手掛けた意匠はこんなに奥深かった…&かつての屋上遊園地とモノレールの姿が明らかに!
  • わずか9年で解体!?リニア名古屋駅予定地内の河合塾名古屋校に再び移転計画浮上&リニア関連工事で使用停止となったJR名古屋駅2番線
  • 【名古屋市交通局】地下鉄栄駅の新案内サインをコンプリートした(多分)
  • 噴水時代から大きく変わったクリスタル広場!「サカエチカ」リニューアル工事 2019年グランドオープン目指して工事が本格化! 2018.4.14
  • 名古屋駅太閤通口の駅前広場を立体化!2018年度に基本イメージ策定へ リニア用地の取得が進む駅西地区 2018.3.10