この記事をシェアする

KITTE名古屋 来館者数100万人突破!(2016年7月) オープン約1ヶ月後の館内の様子

この記事をシェアする

DSC_0287

6月17日に開業したKITTE名古屋は順調な滑り出しとなっており、7月23日に来館者数100万人を突破しました。前回の特集では載せていない昼間の館内の様子を少しだけ取り上げます。

空間作りの重要性

DSC_0292_ShiftN

アトリウム内には天井からやわらかな日差しが降り注ぎ、明るくゆったりとした雰囲気に包まれたエントランスが人々を惹きつけます。

DSC_0334_ShiftN_ShiftN

アトリウムは定期的にイベントにも利用されていますが、普段は休憩スペースとしてすっかり定着しているようです。

DSC_0311_ShiftN[1]

考えてみれば、老若男女腰を下ろしてゆったり長話できる空間は名駅近辺でもあまりありません。商業施設の集客のカギはテナントの魅力だけではないことがよく分かります。

既に館内を廻られた方は多いと思いますが、前回に続きちょっとだけテナントをご紹介…

DSC_0323_ShiftN

 La maison JOUVAUD(ラ メゾン ジュヴォー) KITTE名古屋店(写真左)

正面玄関を入ってすぐ左手に見えるのは、2003年に東京・広尾にて国内初進出を果たした南フランス発祥の洋菓子店です。店頭販売を行うブティックにカフェも併設しています。ごつごつとした生地が特徴のマカロンなど見た目にも新しい焼き菓子を多く取り揃えています。東京に次ぐ2号店ということもあり、連日行列が出来る人気店です。朝7時半から営業しています。

DSC_9710_ShiftN

 Hacoa DIRECT STORE KITTE名古屋店

1962年、福井県鯖江市で創業し、本社・工房を構えるこちらのお店は、越前漆器をルーツとする木製デザイン雑貨を製造・販売しています。2001年にオリジナルブランド「Hacoa」を立ち上げました。KITTE名古屋のオープン以来、特に人気を呼んでいるお店の1つで、サラリーマンや女性が立ち寄る姿が多くみられます。現在は東京に3店舗、横浜・大阪に各1店舗を出店しており、今回は名古屋では初出店となりました。ユニークなネーミングと個性的なデザインが特徴で、KITTE名古屋限定グッズなど贈り物にも最適な雑貨を数多く取り揃えています。ほぼ全ての商品に名前やメッセージの刻印が可能で、店員さんも親切丁寧に対応してくれるので、おすすめです。

DSC_9711

場所は2階のタワーズ連絡通路沿いに出店しています。エスカレータのすぐ近くにあります。営業時間は10:00~20:00まで、年中無休です。オンラインショップはこちら

DSC_0265_ShiftN

 珈琲舎表参道 KITTE名古屋店(写真左)

同じく名古屋初出店の珈琲専門店。東京・表参道のオリジナルブレンド豆が味わえるのが特徴です。ドリンク価格でサンドが付くモーニングサービス(平日7:30~10:00)や、パスタやサンド・サラダのランチサービス(10:00~15:00)もあります。「あん珈琲プリン」など、KITTE名古屋の限定メニューもあります。場所は2階フロア南側です。

DSC_0304

 ステップガーデン

オープン後しばらく置かれていたカラーコーンが無くなり、スッキリしました。

※すべて2016年7月10日(一部夜間)撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)