この記事をシェアする

JR名古屋駅 東西自由通路新設計画 官民連携による商業施設の設置も検討 名古屋市・JR東海の連携がカギ!

この記事をシェアする

JR名古屋駅のリニア開業に向けた駅機能強化策の1つに、東西自由通路の増設計画があります。2017年4月のゲートタワー開業以降、JR名古屋駅の4~6月までの利用者数は前年比105%(JR東海発表)と増加傾向にあり、10年後のリニア名古屋駅の開業でさらに利用者数の増加が予想されます。しかし名古屋駅の現状は、桜通口と太閤通口を繋ぐ唯一の「中央コンコース」に通行が集中しており、既にキャパオーバー気味となっています。このため、新たに東西軸の自由通路を新設することで混雑を緩和する狙いです。

  地図からみる通路の位置関係

出典 交通基盤関連プロジェクト 「名古屋駅周辺交通基盤整備方針」の 「基本的な考え方」(案)より

現在、JR名古屋駅構内には既存の「中央コンコース」のほかに東西自由通路がありません。駅の南側に「椿笹島町線」がありますが、一般道の歩道である上、大きく迂回が必要で混雑緩和の受け皿としては機能的に不十分です。このため、JR広小路口とJR太閤通南口・あおなみ線改札口を結ぶ、東西約100mの自由通路を新設します。通路は大きな荷物を抱えた旅行客でも利用しやすいよう、平面で使いやすいルートとしています。また、民間と連携し、商業テナントを誘致する話も出ているようです。尚、駅北側にはリニア名古屋駅のコンコースが設置される予定ですが、それに付随する形で今回の東西通路計画とは別に自由通路が整備されると思われます。

 日曜日の混雑の様子

 金時計広場と中央コンコース(奥)

JRセントラルタワーズやJRゲートタワーの来館者の増加により、通行量が非常に多い。

中央コンコース側からみた金時計広場と桜通口(奥)

 中央コンコース(太閤通口方面)

通路の中間地点には在来線の中央改札やJR全線きっぷうりば、そして太閤通口側には新幹線の改札があり、JR名古屋駅構内のメインストリートとなっている。

 新設される東西通路の実際の場所

 広小路口

桜通口や太閤通口と比べると、ややひっそりとした印象の広小路口。

 広小路改札

新しい東西通路の東側入口となる場所。通路は奥のきっぷうりばを貫く形で整備されます。この奥は大部分がJRの線路を支える盛土部分となっており、通路設置にはJR東海との協議が必要のようです。

広小路口は名鉄名古屋駅から最も近いJRの玄関であり、ここから直接太閤通口・あおなみ線改札へ直接抜けられるようになると、利便性が劇的に向上します。

広小路口と金時計広場・中央コンコースを結ぶ通路も混雑が目立つ。

 あおなみ線改札

この改札を入った奥が、新設される東西通路の西側の入口となります。

奥の壁を貫く形で東西通路が設置されます。手前のあおなみ線改札は、通路の両端いずれかへ移設されると思われます。

じ名古屋市が計画しているささしま地区への歩行者用連絡地下通路は、当初計画から着工が大幅に遅れています。通路には商業テナントも設置する予定でしたが、のちに設置しない方針へ転換するなど、通路の需要予測も定かでない様子がうかがえます。今回の名古屋駅コンコースの東西自由通路の増設は、既にキャパオーバーに近い中央コンコースの代替ルートとして、リニア開業による多客への対応と、あおなみ線の利便性向上のために必要不可欠だと思います。2017年度中は、引き続き人の流れの調査や民間活用時の事業手法などを検討するとしており、商業テナントの誘致も記事作成時点で決定事項ではありませんが、実現に含みを持たせています。特に構内の飲食スペースがJR東京駅や新大阪駅に比べると圧倒的に少なく、供給が需要に追いついていません。今回の通路新設を含めたリニア関連工事によって、この需給バランスがどれだけ改善されるかといった点でも、名古屋市とJRの今後の協力体制に注目していきたいと思います。

※すべて2017年8月6日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)