この記事をシェアする

秋深まる王子駅周辺(北区王子・飛鳥山公園)でポートレート撮影に挑戦。

この記事をシェアする

今回は、東京都北区の王子駅で下車してみました。(詳細は後述)

 飛鳥山モノレール

飛鳥山公園は、その名のとおり小高い丘の上にあるため、ロープウェイとケーブルカーが合体したような「スロープカー」と呼ばれる独特の乗り物があります。飛鳥山公園入口駅ー飛鳥山山頂駅間のレール(約50m)を2分かけて登るだけですが、標高差が17mある公園を不自由なく利用できるようにと東京都北区が2009年に整備しました。利用率は高いとみられ、山頂駅でも下りる客で大行列でした。

 飛鳥山公園

寺の中にあり、夜間の立ち入りなど規制の厳しかった上野の桜の名所に代わって、市民にも広く夜桜見物を楽しめるようにと、徳川吉宗が「享保の改革」の一環として整備。のちに明治政府によって上野公園や芝公園などと並ぶ日本最初の公園の1つに指定された、歴史ある公園です。現在は桜のシーズンに限らず、四季折々の表情を楽しむことができます。

そういえば、最近自然と触れ合う機会も少なくなってきたなぁ。

小学生の頃、野外学習かなんかで落ち葉のじゅうたんへダイブしまくった記憶が。

公園内には紅葉スポットは決して多くないですが、たまにはふらっと立ち寄って秋を感じてみるのも悪くない。

秋は陽が短くなるので、夏より動ける時間が限られてしまいますが、この時期に夕方を狙って来るのはいいものです。

ちょっと雨がふってきた。

もうすぐ止むかな?

吉宗が植えた1200本以上の山桜のほかにも、いろんな木がある。

都電荒川線や飛鳥山モノレール、そして首都圏の大動脈、東北本線もこんな近い場所を走っているので、電車好きの子どもを連れてきても飽きない。

次はどんなワクワクする場所に出会えるでしょうか。

 音無親水公園

飛鳥山公園を出て、明治通りを挟んで向かいにある石神井川旧流路付近。

ここには、旧流路に架かる戦前の立派なアーチ橋(音無橋)があるのですが、残念ながら補修工事で拝むことができず。

日も完全に暮れて、ちょっと冷えてきたので移動。

暖をとれそうな場所がなかったので、駅前のゲーセンへ。(お店の方に撮影許可をいただきました。)

クレーンゲームってほんと難しい。これだ!と思う景品に限って引っ掛ける穴が小さい。

…やっぱり取れなかった!(私も取れませんでした。多分練習すれば取れる)

 石神井川旧流路

石神井川は、飛鳥山公園の下を暗渠でくぐり抜けていますが、その旧流路が飛鳥山公園を迂回するように通っています。音無親水公園は、旧流路流域に整備された公園ですが、水が流れていませんでした。

 都電荒川線「王子駅前」駅

「駅前駅」って路面電車らしい駅名ですよね。

 ロケ地

 王子駅前

当地で創業した「王子製紙」は、愛知県春日井市に大規模な工場があります。

 東武ストア 王子店

ハイカラな佇まいの大型スーパーには、東武ストアのほかにバッティングセンター、ボーリング、テニス、ゴルフ場、ナムコのゲーセン、その他建物外にも多数の店舗があります。

 王子駅(北口)

JR京浜東北線・東京メトロ南北線・都電荒川線が乗り入れます。

 都電荒川線「王子駅前」駅

入線してくる車両も、非常にバラエティに富んでいます。

 Thanks

model:@choko_ciyo   関東近郊在住の女子大生。撮影ご協力ありがとうございました。
段風景やビルしか撮らない私は、人物を撮る機会があまりなく、最近はSNS関連で写真が流行っているせいか、写真が趣味であることを知っている知人から撮影を打診されることがあります。しかし風景を撮るのと、人物を撮るのは、緊張度・難易度が全然違います。ほんの一瞬の表情を捉えたり、ベストなポージングを瞬時に判断したり、そもそも何がベストなのか…?モデルや背景によっても変わってくると思いますが、元々ポートレートにも興味がありましたので、この機会に自分なりに手探りで勉強していこうと思います。(普段の記事も掲載を続けていきますので、そちらも引き続きよろしくお願いいたします。)

※すべて2017年11月4日撮影。

この記事をシェアする

k-carrotをフォローする(ブログに掲載していない情報も随時発信しています!)